ウズベキスタンへ飛んじゃった

2019年8月に旦那様の仕事の都合でウズベキスタンへお引越し。タシケント在住。英語もロシア語もウズベク語も喋れないけど、魅力いっぱいのこの国で毎日楽しく暮らしています。

昨夜、私がお腹出して豪快な寝相で寝ている様を旦那様が写真に取り、朝起きてきた私にニヤニしながら見せてきた。

ヤバイ…
この腹はヤバイ…
そんなわけで、今日は旦那様のマラソンに付き合ってみた。
実は、ウズベキスタンに行ってからマラソンを始めた旦那。1日10キロ以上走り、なんと日本にいた時より大事がマイナス13キロくらい減り、ついに60キロ台に!🤭

凝り性だから体重だけでなく体脂肪率や心拍数?やその他諸々をすべてデータ化し、記録してます。一体どこを目指してるんだか?
で、今日は一緒に走ってみたけど、もう自分の体が重過ぎて全然走れない💦
途中でなんども歩いてしまった💦 なんとか8キロ走った?けど、こんなに辛いならもう痩せなくていい😭😢
それにしても、夫婦でマラソンするなんて、我が家はいつからこんな爽やか健全夫婦になったのかしら🤣吉行淳之介の小説に出てくるような退廃的夫婦だったはずなのにwww
明日は、どうしようかな。
一緒に走ろうかな…。いや、無理かも。
 A16DC8DB-CCF5-44F1-85EC-B95EAFA5C560

今日で、子供たちの体験入学も最後。
18日からはウズベキスタンの学校でのオンライン授業が始まります。
体験入学させるにあたり、随分と悩みましたが、行かせてよかったと思っています。引きこもり生活から一転、久しぶりに学校に通って友達と遊び、気分的にもかなりリフレッシュ出来たようです。
ただ、タシエは余計に「このまま日本に居たい」という気持ちは強くなってしまったようで…
「ウズベキスタンにかえりたくない。このまま友達と日本に居たいよ」と子供に言われると、
「こんなに寂しい思いをさせてまでウズベキスタンに行く理由があるんだろうか…」と、またまた揺らぐ心切ない😢
今日は、最後の登校日ということで友達がお別れ会を兼ねて放課後に公園でみんなで遊ぼう!と提案してくれたようです☺️
学校を辞める時にもタシエはみんなから寄せ書きをいただきましたが、今回もまた寄せ書きをいただきました✨短い間でしたが、友達に囲まれて、楽しく幸せな時間でした。
感謝✨
最後に記念写真。
この学校に通うことは、本当にもう最後になります。

 5DF304DB-5E37-4C67-B961-E661B5B14692
デコも、体験入学で新しく仲良くなったお友達からお手紙を貰ったり、LINEのQRコードを貰ったり。短い間でしたが、楽しい学校生活だったようで、こちらも感謝✨
娘2人とも陽気キャラではないけれど、どこに置かれてもちゃんとその場に自分の居場所を作れるのは凄いと思うし、有難い。私も旦那様もそんな娘たちについつい甘えて親の都合で振り回してしまうことも多いけど、ちゃんと娘たちの苦労も理解してあげないとな、と思う。
デコの方も、ウズベキスタンに帰りたくはなく日本に居たい気持ちは強いようだけど、ほんの少し大人になり自分の将来のことも考え始めるお年頃。次女とはまた少し異なり、こんな中途半端な英語力で終わるのはダメだ。インターナショナルの経験を自分のチャンスとして活かしたいという気持ちもあるそう。
18日からまた新しい学校生活。オンラインだけど、再び英語での授業が始まります。
2人とも頑張れ!

発売日から一日遅れてしまったけど、やっと手に入れた!!とにかくすごい本です!参加しているメンバーが、私がTwitterでフォローしている大ファンの方々ばかりだし、子供の時から尊敬してる栗林慧先生の写真も載ってるし!!虫好きにはたまらない本です!今日はもう家事も終わらせたし、これから読書の時間です!!
7F9EB647-676A-4982-96D2-D788ED5D808A

そして虫の本を読んでいたら虫を触りたくなり
「虫採りしてくるねー」とお出かけ。
家に虫関係の本がどんどん増えても
いい歳した嫁が虫採りに行くといっても
家に芋虫を持ち帰っても
いつも快く(?)自由にさせてくれる旦那に感謝🤣でも毎回虫採りに誘うけど結婚してから一度も一緒についてきたことはない(笑)

遠くてよく見えなかったけど、おそらく羽化不全で羽が少し変形してしまっているカブトムシの雌。
3033E0DE-D8D7-4718-A8F7-8D87C26660C4

ミンミンゼミの翡翠みたいな美しさも、アブラゼミの漆塗りみたいな格好よさもどっちも好き
31F12288-C7E9-4573-9993-A26D8E034D9B
434C6691-D40F-4924-B87F-711A1EBF1314

オオスカシバの卵。
55240FEF-2147-4756-874E-7E15F1D4B8E2

カエルもいました。
CA0364E9-E23F-4561-AE0E-BB6FBEE0DA98
 

このページのトップヘ