ウズベキスタンへ飛んじゃった

2019年8月に旦那様の仕事の都合でウズベキスタンへお引越し。タシケント在住。英語もロシア語もウズベク語も喋れないけど、魅力いっぱいのこの国で毎日楽しく暮らしています。

キャンベル社が流行りなの?

ウズベキスタンのメジャーなカフェ
Чайкоф(チャイコフ)のテイクアウト用紙袋が可愛い😍😍😍 
可愛いんだが…
これ、100%キャンベル社の承諾を得てないよね😅
キャンベル社の紙袋デザインにチャイコフのカップを真ん中に入れ込んで、完全にデザインをパクッてる疑惑(笑)
4170AFC9-9F09-4B14-B6BC-F8ACCFBFDCEF

そしてこちらも。
同じくウズベキスタンの代表的ファッションブランド
KANISHKAの新作トレーナー。
チャイコフと違うのは、こちらはスープ名をMASHXURDAという🇺🇿の代表的スープの名前に変えてる。
日本だったらキャンベル社のスープ缶に「味噌汁」って入れたデザインを販売しているようなものwww
こんな、商標無視のデザイン日本じゃ絶対作れない🤣🤣
こりゃもう買うしかないでしょ!!(笑)
「日本では着ないでね」と娘に言われたけど、着るよ。で、この服を見て「あ!」っと反応した隠れ🇺🇿ファンを見つけるの。
E0B28986-5F7F-4C9F-99E0-785A7809EBE3
 

バザール散策の後は少し歩いてアク•テパ•ユヌサバッド遺跡へ行く事に。

マニアックな場所だからガイドブックにもなく、タシケントに住んでるウズベキスタン人に聞いたけど知らないと言ってた。
以前、Ming O’rikの遺跡を見つけた時にこの存在も知りました。
数千年前の住居跡らしいこの丘。
 EBCD0E14-D23B-46D3-8745-632500D8C6D4F8FF53C2-32E3-4A51-B871-07EA014C6A23
D7748340-745D-4768-B2BA-EF3CAF77EBF1
E3F6E8B2-73F5-43D6-A6E4-A0D60EB5983D
BB6100D2-A8DC-4C9E-B240-2E67145B305C
C62F17A1-39B6-4C06-A59F-CC578EE07D03
7260A231-FA05-4D35-ADA7-3B57E475B1B8

入り口もよく分からず、なんか、民家の庭みたいな場所から入りました💦
ウズベキスタンにはこういう野晒しになっているけど歴史的には非常に貴重であろう遺跡が多々あります。
手入れもされてないから、丘に登るのも滑りやすく思ったより大変💦降りるときは尻餅必至💦
誰もいない。
なんだかよくわからない洞窟もあるし、山羊も糞も所々にあるということは、時々山羊が散歩しているのだろう。
でもテレビ塔も見えるし、なんか気持ちの良い場所でした。

誰もいない、数千年前の息吹を感じる遺跡のてっぺんで、ぐるりと景色を見廻して、深く息を吸ったら飛んで行けそうなぐらい自由な気がした✨

FFE3FB0E-1455-4862-9386-2EDCDB685C60
ユヌサバッドの駅から出ると目の前はメガプラネットという古株のショッピングモール。存在は知っていたけどまだ中を見てなかったので入ってみました。
垢抜けてない感じが好き。
見たことないDr.スランプ アラレちゃんが飾ってました(笑)
8A9369E9-3252-4336-96E7-52C77CC12B9F
B26D8027-654E-44A0-B4D6-843A28F93D24

1階にはちゃんとお祈りの部屋も。そういえば、ほかのショッピングモールにお祈り部屋はあったかな?イスラムの国なのであるとは思うのだけど、気にしたことなかったわ。
20F0C24F-A585-4F6F-892C-E7FE6A092A69

ユヌサバッド駅、メガプラネット向かい側にパザール発見!
ユヌサバッドバザールと、そのまんまの名前で呼ばれているらしいです。
644FF4BF-7F11-4699-842E-2407C3E4D623
D1B11EDC-2B5F-45C1-AB2F-8FC6A27201C4
4E57E02D-BF6A-4CB3-84AD-789109EC7ADD
60C5B4E0-20A9-48C0-BE21-55F3BBCB70C2
22C93C4B-65AA-4594-880E-39EAFCF90B4E
E0BF3C0F-433A-4982-9757-1F9925046D5B
BB53B633-B590-488D-AC84-E9BAAA1ABC92
8126A4D2-CF82-4499-8FB7-91E4FDA78526

ローカルバザールが本当に心から大好き!!
ルンルン🎵と散策してたら、何やら良い匂い💕バザールの中にロカンタがあるじゃないの!
引き寄せられるように中へ。各ブースでそれぞれの店がプロフやスープやマントゥやシャシリクを売ってる💕どういうシステムなのか見ていたら、お店の人に注文しお金を払って席で待ってたら持ってきてくれるらしいから、
「プロフとチャイで。プロフは油を少なめに」と注文し、席へ。混雑しているので、席は相席が基本。

娘たちと一緒だとこういうローカルな店で知らない人と一緒にご飯食べるの嫌だと言うし、何年使っているかわからない少し欠けて茶渋がついた茶碗でお茶飲むのも嫌だと煩いから、やっぱりこういう店は1人で楽しむに限ります。
 44D4B113-579A-4142-BC2D-2BA64B57A62E
FFE3FB0E-1455-4862-9386-2EDCDB685C60
2A3BEA4C-1F77-4390-A523-9243D0DCABA2

各店でプロフにも特徴があり、迷ったけど、私はサマルカンドのあっさりでシンプルなプロフより、どちらかというと豆やドライフルーツが入った具沢山のヒバやアゼルバイジャンのプロフが好き。
18F3D06D-8E44-447D-BF57-2A34DD42B9BD

美味しく完食✨ご馳走様でした。さらに混雑してきたから自分の空いた皿を返却しに行ったら「ありがとう!さすが日本人!日本人だろ?」と言われました😅写真もとらせてくれました。
ここはノンは各テーブルに置いてあり、誰かがちぎったパンもお構いなしにみんなで食べ、籠にノンが無くなったら店の人が足すスタイル。こりゃ、コロナもうつるわな😅
1B476ECB-4A2C-410C-8142-902AF1C6CF77


🇺🇿のバザールでは、こんなふうによく鳥籠がかかってます。
このバザールにもありました。
 
とても良い声で鳴いていますが…
布に覆われて姿は見えず。
ちゃんと世話してるの?外の様子も分からず鳥たちは不安じゃないかな?そもそもどんな鳥?
色々疑問と心配が😥そもそもこの鳥籠は鳥の声を楽しむためなのかな?他に理由あるのかな?と、謎に思っていたら、ウズベキスタンに詳しい方が教えてくださいました。
この鳥籠は、純粋に鳥の声を楽しむために置かれているそうです。
たいていカナリアかウズラだそうですが、この鳴き声はウズラらしい。
ウズラってこんなに綺麗な声なんだ!?知らなかったです。
でも、、、動物愛護的には、うーん😰という感じ。

何はともあれ楽しいバザール散策でした。

そして今日も美しい柄アパート達に出会えました。
57E5443B-3CA0-4754-808E-9A4D9AFDAC97
DE0784E7-ED70-4FC7-B28C-C199D095A30B
825C6EF0-1E0B-40AE-BEB6-D7715EFB6B6F
08A6867B-1F90-4581-8FA7-AF708641AAE8
CFF124F2-51F3-4E3B-9884-87131BCDC5E9

このページのトップヘ