今日は、子供たちの服を買いに。
インターナショナルでは、スカートを履いてくる子はほとんどいなくて、しかもジーンズはあまり推奨していないため、ズボンを買いに。こっちに来る前に大量に買ったなんちゃって制服はどうすれば…⁈💦

地下鉄に乗って、チョルスー駅からSamarqand Darvozaまで歩いてみた。
チョルスーパザールの付近は、ズラーッと職人通り(私が勝手に名付けました)が続いています。
赤ちゃんのゆりかごや、二段ベットや机などを作っていました。 鍛冶屋さんも。

そして、途中、だだっ広い土地に、モスクみたいな建物が。何かな?Googleマップでは白紙。そして誰もいない…。モスクではなさそう。公園かな?

そこを抜けるとすぐにSamarqand Darvozaが見えてきます。子供たちの服は無事に買えました(^^)

家具屋や、調理器具屋や、金物屋がずらーって並んでいる道。
yuri4
yuri2



こういうゆりかごの持ち手部分とか、細かい細工が可愛い。この丸い穴はなんだろう??って思っていたら、これは、赤ちゃんのお尻をはめて動かなくするんだそうです。オムツはせずに、そこから色々出しちゃうんだとか(笑)敷布団にも同じように穴が開いているらしいです。
yuri1

ゆりかごにつけるレースもゴージャス!!
yutri3


こんなに立派な建物なのに、地図にのってない、、、。でも、土産物屋らしきものが扉の向こうに見えたから公園??受付とかがないからミュージアムとかではなさそう。
nani2
nani3
nani1