ウズベキスタンへ飛んじゃった

2019年8月に旦那様の仕事の都合でウズベキスタンへお引越し。タシケント在住。英語もロシア語もウズベク語も喋れないけど、魅力いっぱいのこの国で毎日楽しく暮らしています。

2021年07月

ネットニュースで、バズっているこの記事。

「ウズベク選手団のウエアなどの胸に ひらがなの《て》 意味は?」
という記事。
はい、私も何度かブログで取り上げているブランド。
やっぱり、日本人は「何?」って気になりますよね(笑)
 https://news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/20557920/?__twitter_impression=true" target="_blank" title="">ウズベク選手の胸に「て」

そんなニュースを見て始まった1日。

自主隔離期間が明けるまで、あとわずか!!

でも、引きこもりの才能がありまくりの我が家。
長女は受験生だから、どのみち勉強しなきゃだけど、次女は家でずーっと絵を描いていることはむしろ本望ですし、私も、基本的に自分の周りに楽しいことを見つけるのが大得意だから、全然苦痛ではありません。

この日は、ペットボトルで金魚を作ってみました。
立体は、やっぱり難しい💦

最初は、こんなふうにペットボトルを切り抜き、蝋燭の炎でペットボトルを炙って溶接したり、柔らかくして形を整えたりします。
50FDE04E-353F-4B0E-AA3B-E141491805E9
122CEEF7-C6FA-4909-B178-60DA9A5AA868
 
卵のパックの卵型の部分が、魚の顔の形に似てるので、ペットボトルと溶接。でも、卵パックは薄すぎて、すぐに焦げてしまう💦
薄いプラスチックの方が熱した時に繊細で美しいけれど、その分整形が難しい。
ふむふむ、、、。
ならば、どのような組み合わせで形作ろうか。
そんなことを考えながら、黙々と工作(笑)

思い起こせば、コロナで一時帰国した際は、外で摘んできた野の花でキューピー人形にドレスを作ることにハマってたwww 私の脳内、幼稚園並み。

こんな金魚が出来上がりました。
色を塗ったら、もっと金魚っぽくなるんだろうけど、今はまだ画材がウズベキスタンから届いていないので。
6198E4B5-93DD-4B2D-9A4F-AA5C08C3C986
AF031148-EA16-4A85-8F5B-AAD5D94A6D37
FA4EBAF1-2F63-4189-AAC1-1C5E4D85EE61
8E353F13-09FF-4CBC-9D5F-A5A5CD99EF2F

ただ、この透明な金魚。空気の中を自由に泳ぎ、見える人にしか見えない、そんな童話の中の金魚みたい。これはこれで素敵。
溶接部分の焦げが気になるけど。

旦那様からLINE。
この日、ウズベキスタンの我が家のマンションでは結婚式が行われたらしい。
我が家がある入り口では楽隊が。向かい側の入り口では花婿を迎えるために飾られてます。
ウズベキスタンに居たら参加出来たのにー💦
(ウズベキスタンでは、通りすがりの人をパーティーに呼んだりします)参加したかったな。


491ED364-5BE2-455B-B4B2-4FEDAB194CDA

さてさて、この記事を書いているのは18日。
自主隔離期間が終わるまで、あと少し。
ちゃんと毎日、厚生労働省からの位置情報確認の電話やアプリ通知は届いています。

まだ子供部屋の勉強机とかが届いていないため、長女はリビングで勉強中。
そのためiPadでドラマとかも観れない。

外に出れないし、暇だから、家にあるペットボトルのゴミで、オブジェを創ってみた。

「ママの、そのいつでもどこでも退屈しないところは、ある意味尊敬」
「でも、もっとすごいのは、キャラ弁とか料理とか、工作とか、結構なんでも出来るのに、その才能を何一つお金に変えてない無能さがすごい」と、娘たち。
はい。…無能母です…

527D0195-41E0-4DF9-B809-FAF200CD96A6
CF6B80D4-5394-4271-9281-29A354FFC31F
3D18A545-C9A1-4B22-8F27-7CF64696B519
A049DF3C-816F-4C97-879D-671341B03E16
 

ウズベキスタンには貴重なソ連時代のモザイクアートや、彫像があるが、その歴史的価値などはあまり国に評価されてはいないのか、建物修繕時には保存れずに取り壊されてしまうことが多い。
その中で、珍しく建物の建て替えの際に近隣住民や建物の持ち主により残った彫像があると聞き、写真を撮りに行ってきました。

 社会主義リアリズムの労働者階級の芸術にも見えるそれは、無骨ながらも威風堂々とした佇まい。
でも、、、、
なんで色を塗っちゃったのーーー😭
余計なことしないでそのまま保存してくれたらよかったのに、、、。


上が建て替え前の写真
下が現在の写真 

D0D64B04-BC57-499C-A477-6D9719F8D245
F98D1F7B-D190-40C3-9BCC-F938B4222854
 

時をウズベキスタンに居た頃に戻します。

 以前紹介したナウルズ•デコホンバザール。このバザールは、昔は(と、いうか今も?)TTZバザールと呼ばれていたらしい。と、いうことを、地元の人が教えてくれました。
このバザールにつながるように、ブユクイパク•ヨリ通りから伸びているTTZお買い物通り※正式名称は分からず。 
洋服とか雑貨とか文房具店とか、小さなお店が ズラーって並んでる。
お祭りみたいでちょっと面白い通りです。

タシケント市も中心からはちょっと離れた場所にあるけれど、この辺りも最近は開発?されてカフェなどもポツポツと出来始めているらしい。

 知り合いがこの辺りに住んでいるのですが、「TTZバザールもあるし、カフェもあるし、物価もタシケント市なのに安いし住みやすい場所よ」と、言っていました。
確かに、そうかも。
F6CC0AFF-93B1-41EC-9C28-E09A5ABF97E2
15A09DAB-8110-41F0-9B91-3077D5F8B66B
 

昨日、やっと荷解き後のダンボールを回収に来てくれて、家の中がスッキリ✨
09E3F46A-69A0-48B9-8452-468EEE04F4DE

待機期間も、今日でやっと一週間!?
はぁー、、、先は長い。

身体は食べ物で作られる。
忙しくても(いや、今はもう荷解き後終わったから忙しくないけど)あまりレトルトには頼りたくないし、待機期間中は太るので糖質やカロリーにも気を使う。
私一人ならずっとレトルトでいいけど、子供たちがいるからね。
そんなわけで、一日二食にして、たいてい朝ごはん兼昼ごはんは、しっかりとタンパク質や野菜も摂取。
ササミとチーズのカツレツ、もやし多めの生姜焼き、甘塩鮭とブロッコリーと卵の炒め物など。
毎回野菜たっぷり味噌汁もつけてます。
そして夜は、野菜中心のスープや鍋やサラダなど。炭水化物は夜は無し。
栄養はしっかり摂りつつ痩せるメニューで。
食材は、イトーヨーカドーネットスーパーに頼りきってます。
916C548D-94C0-4E84-A605-5A9A4AA34E68
C7EC2A91-908C-4E53-B166-ACBE640A064A
D5D6D752-D981-45F2-AA03-6A95BF12E67B


先日鎌倉の叔母が、自家製梅シロップを送ってくれました!
私が子供の頃から祖母や叔母が庭の青梅で作ってくれてた梅シロップ。
結婚して子供が産まれてからは私も毎年作っていました。子供たちも「これ飲まないと夏が始まらない!」と。
ウズベキスタンにいる時は杏などで作りましたが、やっぱり少し味が違うみたいで💦
今年は引っ越しでバタバタしている間に青梅の季節は終わってしまうだろうし、作れないなって諦めていたから嬉しい!
そしてやっぱり美味しい!慣れ親しんだ我が家の梅シロップ。
でも、子供達が毎日飲むからあっという間になくなりそう😅
85AE65E0-3140-4DE8-BB58-A4DD9AE6F442

昨日は、ダンボールが無くなったから家具などを動かしてプチリフォームをし、そのあとはFPの資格継続に必要な単位取得をサボっていたため、試験などを受け、単位を溜めたり。

6306069B-9B4C-4047-8562-5586492C41AA

そんな感じで日々を過ごしてます。
ちなみに我が家、「テレビ無し生活」を始めました。
ウズベキスタンでもテレビ無い生活だったし、長女も受験生だし、必要ないかなって。
ドラマなどはiPadで観れるし、ニュースも電子新聞で観れるので。
どんどんシンプルな暮らしに😅

さて、今日は何をしよう。

このページのトップヘ