私は面白そうな事柄について鼻が利く。勘が働くと言った方がいいかな。常に何か面白い事は無いかとキョロキョロしまくりだから、そういう物に出会う確率だって高いのは当然だけど😅
ウズベキスタンに来てからすぐに散歩途中に見つけた場所。一見、ただの工事現場か解体現場に見えるけど、何か違う気がする。MING O’RIKと書いてあるけど、メトロ駅のMING O’RIKと、関係が?気になって中に入ろうとしたけど、扉も閉まってるし、諦めた場所。
 A336CB2C-A3BD-41A8-BFAD-D8905F11DA05F455B12C-19AB-4156-93FF-F4D97CF8C45F

今日、また気になり、行ってみました。
そしたら今日は扉が開いていて、中に掃除しているおばちゃんがいたから「中に入っていい?」と聞いたら「1万スムでいいよ」と言われたから払ったら中に入れてくれた。
ここは…お土産屋?いやいや、商品も無いし。
それに、なんだろ?この土の山は。遺跡みたい。でも、看板は無い。
粘土質の土の山には奇妙な穴が沢山開いていました。結局ここが何かも分からぬままじっくり見物。そして帰宅してすぐに調べてみました。
MING O'RIKで検索してみると、ロシア語・ウズベク語のサイトがいくつか出てきたので、Google翻訳に頼りながら調べてみました。
すると、どうやらここは2200年前の都市遺跡であり、トルコ人支配者の住居跡のようです。歴史文書ではチャッハて呼ばれているのだとか。
タシケントは今はシルクロードらしからぬ街並みですが、この遺跡はタシケントがシルクロードの中継地として栄えていた頃の名残りです。
偶然見つけた場所ですが、意外にもとても貴重な遺跡でした。タシケント駅を背にしてアムールティムール通りに入り、真っ直ぐ進み、ヌクス通りを越えて次の通りを右に曲ってすぐにあります。
入り口はアパートメントに囲まれています。
タシケントの大震災で多くの遺跡も無くなったと聞いていますが、これはその中でも生き延びた貴重な遺跡です。ガイドブックにはおそらく載っていませんが、タシケントに観光にいらした際、時間があれば是非観てください。ただし、今日10000スム払ったおばちゃんは、どうみてもこの遺跡の管理者では無いので、正式な料金などはわかりません。
F90AA2F7-C941-4AF4-88A2-C12D23FA4843
9E72D8DF-D742-490F-A777-3CC8C4556C12
4FD77DA5-36B6-4E1D-B0EC-9D31949542C3
1B54BFC0-3E13-4CD5-BF83-E9F0B1BAAC3B
2EE9A442-0F22-459D-8320-45A831186F50
98702D24-C5EC-491F-8FB8-7275CB0FA100
4820339C-E6A1-4E8C-90F1-B07FA722D5F0
3E60CC39-E9B3-4983-A8C7-616CE512879F
A8D0B8F8-F691-48EF-BF63-43163F5A1C9F
BF02A5E2-0C60-4949-8D3F-F1286D08006D
7B0727A9-5DA8-4EC9-8AD1-B34878A0EB5A
2F295A95-2531-4827-B785-3E83C8592916
FE9F5903-1C21-49A3-9D2A-CD6B04351129
5E426C7A-C3BA-4B36-A0E7-E998551573FB
34511C50-5318-4722-8557-4F30E9E227CD