毎日色々なことが変化しています。
まず、

3月30日0時1分から4月20日0時1分までの間,ウズベキスタン国内の全空港が全ての業務を停止し,航空路線の運行を完全に停止することを決定したと発表しました。

そして、本日30日からは、政府が許可を出した車両以外は道路を走れなくなります。
そのため、旦那様の会社スタッフは車通勤のため通勤も出来なくなるため(現在地下鉄もバスも動いていません)完全に在宅勤務へ切り替え。
前日の昨日は、自家用車での最後の買い出しをする人たちでスーパーに入場制限がかかるほど人が溢れました。

そんなわけで、生活は不便になっています。
ウズベキスタン建設省の報道機関によると、
検疫、感染者が収容施設が5日間で1万カ所作られました。
コンテナぬは、エアコン、バスルーム、テレビ、シャワーもついていて、Wi-Fiも繋がるそうです。
コロナ終息後も、様々な目的に使えるようにと作られているそう。
広大な敷地があり、その全てが国有のウズベキスタンだから可能なのかもしれませんが、
それでも…
これは立派✨