パン工房(タンディール)をもっと開拓したくて、以前散歩の途中に見つけた場所までわざわざノン(※ウズベキスタンのパンのこと)を買いに往復2時間近く歩く。

店の名前は分からず。そもそもタンディールに名前がある場所が少ないかも。
隣接していたローカルなレストランもなんとなく気になる雰囲気。
こちらのノンは顔より少し大きいくらいの小ぶり。一個30円。
買ったその場で少しちぎって食べてみた。
うーん…。いつも買うミラバットパザール近くのタンディールの方が美味しいかも😅
DCB8F48C-CFC0-4F8D-BD67-59A336629CB7
67F52F39-EA96-46F7-AF58-11FC62C7DF6C
93EC6B88-9935-46D9-824F-BE96B395D28E

私のタンディール開拓はこれからも続きます。
帰り道、ジェラード屋さんで一休み。

パンを買うためだけに遠出し、木々が黄色く色づき始めたのを楽しみ、疲れたら一休みする。
そんな生活は結構気に入っているけど、夜寝る前とか1日を振り返ると
「ああ、私は今日も何も生産してないし向上もしてない」と焦りもする。
駐妻生活はいつも呑気さと焦りの中間をフワフワ漂ってる感じです。
92EE5967-5E44-4014-98B8-ABEB2889062A
0A400E89-A650-4A61-B684-6DBF1F2F8C92