「地球の歩き方」でも何一つ触れられていないウズベキスタン南部のテルメズ。

実はここはウズベキスタンでは数少ない仏教遺跡が残る町であり、あの三蔵法師もこのルートを通って当時仏教文化が栄えていたアフガニスタンへ向かったとされています。

 この日はそんなテルメズを観光。
ホテルのスタッフに行きたい場所を伝えてタクシーを貸し切りさせてもらいました。
1人10万スム。
4人で40万スム。
まずは、カンピール•テパへ。
ここは
ヘレニズム時代からバクトリア時代を経てクシャン朝時代に至る遺跡。紀元前後のレンガの壁やバクトリア王国の貨幣などが発掘された場所です。

冬のカンピール・テパは荘厳さハンパない。
誰もいない。
歴史と私たちのみ。
C3DF277F-BF9D-4359-A4D8-B51AEF3B4C2E
DBBE055C-42FF-48F9-983C-78E397FD74B1
F00B9408-005D-4039-A5BF-A42F49035372
23FD9F7C-B555-43FA-9B19-265C5393F51E
41AC1AD4-30C4-4001-947D-1ED22FBBA92A
6AA1FDF5-15FD-4ABD-8445-D6D0BC1D8D08
71DA0225-6151-4EF6-ABA4-5F720A619695
99C9F6EE-5818-4059-BF39-9F1BECD31F92
00EC3C3D-3C19-4B27-B894-7632344B765D
5281C714-695D-4418-B02E-E67F95824E7A
FDD84639-230D-4FE3-924A-58BF5C5C4459
110B5CC3-2D49-4E7F-869E-44466AFDAADB


その後ファヤズテパ遺跡。
1から3世紀ごろに栄えた仏教遺跡らしい。
ここで発掘された仏像はウズベキスタン仏教美術の最高傑作とされファヤズテパの修復はユネスコ日本信託基金プロジェクトによって修復されています。
僧院跡らしいので、ここに三蔵法師も訪れたんでしょうね。
ECE617C7-E1C3-4C25-95F5-8C44CA751324
26AA24DC-FC97-4042-B00C-6C6EB5A33343
7C32797A-CA1E-4D79-BDE9-ED892EEB9186
D2E9F71C-F84F-4BD0-B63F-04E0A62DAEA8
5F67CFD3-174B-4D6F-A6CE-7BF432FFA69A
C665A896-3739-4B07-8E08-4B7E5589A520
EB72AB1F-88C1-448F-B4C5-447EFAAA75E1
93472DB6-BE77-46C1-A4EF-368C02240EF4
5E5DCB4A-6D66-4572-A1E7-1BDE01B87790
EF7DD007-C738-4DFB-8266-286956AAF051
2ABC3E56-78A1-4536-AABF-F4E5C49B0A81

ここは一応管理人のおじさんがいて入場料を支払いました。ついでみ次に行くカラテパ遺跡のチケット もここで買えるというので一緒に購入。
D33657B8-1C8E-4852-97A6-C61B1FE31F32

おじさんがここで出土した硬貨を見せてくれました。
クシャーン朝のコインです。
少し緑がかったコインには仏像が描かれています。
EA24B9BE-AF59-49BA-B099-BF5AE34F7673

 お次はカラテパ遺跡。
この遺跡を発掘されたのは日本人の考古学者であり文化人類学者でもあられる加藤九祚先生です。
アフガンとの国境を流れるアムダリヤ川右岸のほとりに位置し、仏教伝来ルートで西トルキスタン最大の寺院跡地です。ここも三蔵法師が立ち寄った可能性が高い非常に貴重な遺跡。
 
でも誰もいない。
看板もないし…入っていいんだよね?チケット買ったもんね。

 A1B74DC1-4076-4EE7-9EAB-68CC768F7760215357D1-1DD5-491F-B857-91FAD1047887
66722726-7E21-4929-AA2D-961DC226BC3E
C30A13DF-5FBC-478E-9F13-C28D07CC1AF1
21D61D96-92DA-49CD-9340-C5EE1A87776B

アフガニスタン国境近くにある柵の前まで行きました。川の向こうがアフガニスタン。
C9F252A4-0A92-4EF3-A6E3-CADFBAAEA14F

このあたりになると「もう、粘土はいい…」と娘たち。
たしかに…正直お腹いっぱい💦
我が家の娘たちhsとりあえず考古学者にはなれないことがわかりましたwww

でもせっかくなのでもう一つ遺跡を見る。ズルマラ・ストゥーパ。おそらくカニシカ王の時代のものだろうとのこと。ここに行くには畑の中をひたすら進まなければならずしかも粘土質の畑は靴が大変な事になる。
そうまでしてみる価値があったかと言うと…。
うん…まあ…😅
0785DD35-C821-422C-ABF5-F9FB61AD8097
48F695AB-15DA-460C-9B4D-FC2162538A6D
3F4CEE32-108F-4B34-9535-1794898E1330
1BF89F86-4518-4162-9556-4BBCCF07C310
6C2EAEBD-C256-40B1-BCDA-1F35CBA262C4
90A00E73-B2EA-40E0-8703-8F657C9A72C1


ちなみに私と長女は近くまで行くのを断念。
パパと次女だけ行きましたが、何もない穴があっただけとのこと。
そしてここに辿り着くにはやはりこのルートしかないため、畑に作物が植えてある時期は遠くから眺めることしか出来ないし、後で知ったのだが、畑を越えた先の藪は蜂の巣だらけらしいので、夏だったらやばかったです。

こちらはおまけのAl Hakin At-Temizi 
綺麗に整備された公園の中にある霊廟です。
F0097AB2-6BC1-491F-963A-9F3AE523CDD2
F01FE48D-2C3B-43EB-9F27-2A06BB328E7D
EC7EDB64-9B66-4187-98BA-0291993484B3
FE565D5B-59A7-4AA4-A563-132FD794FD24
64C08797-7001-4121-8E0E-09E75C4F745D

そしてこちらもおまけwww
テルメズにあるCHANELです(笑)
752AE622-28AF-4434-971C-7DB35F80958E

夕方、夕飯食べがてらテルメズの市場。
戦後の闇市のような風情で面白い。
闇市知らないけど。
20C84F5E-2C3A-42B5-8B68-5A58BF6CED3D
745C8FBB-7494-4237-8B45-8D4B44E80C05
DBBDDC95-E8C5-4C62-BC19-E11A6C8E4AB1
9465128F-946D-41CA-B36E-80BBC7849EDF
66B42B05-285F-4828-84E4-D5F18B60C98B