寝台列車でウルゲンチに到着したのは朝の6時ちょっと過ぎ。まだ日が出ていなくて外は暗い。
そこから車で30分ほど走り、ヒヴァまで。
619B2399-12B3-4EB1-8F7A-FD8DC3137BA0
F9519D56-4FC3-48D9-A4A5-4A4C90C5CC8B
 
前回来た時は、ちょうどウズベキスタンで最初のコロナ患者が出た日で、旦那様は旅行途中で対策のため急遽タシケントへ戻ることになり、母子だけで観光したので、旦那様は初のヒヴァ。
私と次女は2回目。長女は学校の合宿でも来たから3回目!
3回ヒヴァに観光しに来た日本人ってそうはいないと思うwww

ホテルに着いた時もまだ日が出る前だったから子供たちは二度寝。旦那様が煙草吸いがてら朝焼けを撮影に。
私も行こうかな、と思ったけど、あまりの寒さに断念。
7B37421A-B562-402A-8F7B-DB0A0ECEB968
D7CD986F-27CE-408D-8CDA-EDFC97CCE703
79A28A20-CBB1-46E6-9354-1E69D1D59586

10時過ぎに二度寝から目覚め、遅い朝ごはんを食べに近くのカフェへ。
マスタヴァというスープを。
寒いからあったかい物がホッとします。
C85AFEA9-2D3E-4D6F-A751-2A39D1894610
 

その後、イチャンカラを観光。
前回はコロナの報道があった直後だったから、お土産屋も有料の施設も全部閉まってて、私たちは誰もいないイチャンカラの中をブラブラと歩いていただけ。でも、こんな人のいないイチャンカラはおそらくとても珍しい事だと思うので、写真を撮りまくりました、
なので、今回はヒヴァに初めてきた旦那様のメインの写真が多い。
35B090DE-2742-44F2-8DB3-7F78FB9625C2
0D19D6AD-4FEB-4458-A0EE-B7D3F443CC9D
749106F2-AD22-494B-9929-1D8D57C79D2D
A283CB1D-658A-45B7-8964-40C245FFB911
C8433278-0869-4519-93AE-0DAB46A13C2A
0660CCF8-D23D-4F91-AE8A-7B8C8B518AE5
359F5139-6346-47D0-8081-E29E23C7AAF4
88B4EC47-AC55-4EF3-843B-F0FFA684C6E4
3A4AE4BA-5B52-445A-A5DD-048F95C5C8AB
E3A7E064-F3EE-4B66-AC05-74BD46E8128F

ミナレットに登ってみました。
狭くて急な階段なのに、あまり何も考えずに受付の人が人を入れるから、すれ違う時が怖い。
626FF337-A4CC-4DCA-9A66-3360F316CB8E

487D7FEA-F542-4F9F-AD2C-23C3ACA23C9C
 
ゼーゼー言いながら登ったけど、その甲斐あり、上からはイチャンカラを見渡せました。
1969年に全体が「博物館都市」に指定され、1990年みはユネスコ世界文化遺産に登録されただけあり、アラジンか何かの映画のセットみたいに洗練された美しさです。
6566157A-7E7E-4EC7-9A01-85DE46517996
C62164CA-CD3C-400A-B95A-C24D2AF47674
6E513A1E-2503-4160-972B-74DAFFF82265
83250704-36F9-4FF2-ABB7-09C398E71499

さてこのミナレット、降りる時は登る時よりも怖い。
さらに登りで疲れた足が、生まれたての子鹿のようにプルプルし始めたwww
912E9314-8927-4AFF-9635-DF3C4A113916


外壁の外も遥か昔のシルクロードを思わせる道。
そして、いつも思うけどうちの旦那はつくづくこういう背景が似合う。
E9CFF80B-E817-4662-A178-030C122936AD

やはり観光客は少ないけど、お土産屋さんは結構開いていました。
こちら、チョギルマという羊の羊毛を使ったんだヒヴァの名産の帽子。
私も持っていますが、被るとアフロヘアみたいになり、なかなか可愛い。
てっきり冬の寒さをしのぐための物だと思っていましたが、実はヒヴァが属しているホレズム州は「太陽も国」と言われ、年間300日以上は雲一つ出ない過酷な国で、夏は灼熱地獄です。
その強い日差しから頭を守るためも帽子なんだそうです。
ちょっと羊臭かったりもしますが、お洒落上級者ならハイセンスに着こなせそう✨
65B1A3D8-D76D-48CA-9BEC-3914A91EC647
0E970C3B-7AFC-484C-92FB-9B5F7E6ED4B3

前回見れなかったジュマモスクにも。
柱が立ち並ぶ空間に、上から光が注ぎ込み、なんだかとても神秘的。
647B61E6-B412-4E61-9686-6D561A900F01
6FC8D70A-1425-4A7B-827A-2484E8A181AF

こちらはパルヴァン•ダルヴァザ。別名奴隷の門。
約3世紀にわたってヒヴァにはアジア随一の奴隷市場がある町として知られてきました。
かつてここでは鎖に繋がれた奴隷たちが売買されていた場所なのだそう。
5662A0E9-6A2D-4AAE-B075-F6498DBD3D8B

カルタミノルが美しい。
でも実はこれは作り途中なのです。
ムハンマド•アミン•ハンが109メートルの、ミナレットを立てようとしたところ、頂上から街を見下ろされることを恐れたブハラのハンが職人を皆殺しにしてしまったという説があるらしい。
5081442A-0D26-418A-A9A0-6A5C0F32F0E6
002903D7-ECBD-41F3-8A65-3121BA8656B6

奴隷の門といい、この話といい、実はイチャンカラってなかなか物騒な歴史がある町みたいです。

イチャンカラは城壁に囲まれた小さな街なので、観光は半日で充分。
この日は満足いくまで観光し尽くし、早めにホテルへ。

夜はホテルが紹介してくれたレストランへ。
お酒も飲めるし、シャシリクの盛り合わせも美味しくて、気に入りました。
11E2DBFB-0794-4812-AAD8-C0EA9FF097C7
E1D00011-F0DE-4CA8-B326-EA53278C2008
 
ヒヴァでしか食べられないシビット•オシュも堪能しました。
香草が練り込んだ麺に、トマト肉じゃがとヨーグルトをかけたような料理。
香草の爽やかな香りが、熱い国ヒヴァにはよく似合います。
もっともこの日は冬でしかもめちゃくちゃ寒かったですが、、、。
A141F29A-2082-4D6D-A4F3-7D1E0CABB0BB

どのくらい寒いかというと、洗濯物がもれなく凍るくらいです(笑)
D07428DB-8F73-42A6-8204-6CC9E1E3CCCB
0E2226C7-4CD2-4C95-BAB8-3702024A1C88

この日の観光はこんな感じで終了しました。