アトラスを買いにチョルスーへ。

前回行った時、チョルス脇の生地屋が多い露店街も、植物売り場近くの民族衣装やら布やらが売っている建物が閉まっていて、閉店かと焦ったけど、その日は月曜日でした💦
チョルス、無休イメージがあったのでうっかりしていました。 

 AB8F74C7-5317-447A-B5C0-105783B5103E

アトラス屋巡り。
沢山ありすぎて、どれも素敵で、何買えばいいのかわからなくなる💦
お客さんが私しかいなかったから、お店のおじさんに
「あれ見せてー!あ、あれもー!」と、色々生地を広げて見せてもらい、良い買い物が出来ました💕
ちょうどお昼の時間になったから、チョルスー前の通りにある食堂でランチ。サムサにしようかプロフにしようか迷った末、やっぱりプロフ。
私、日本でもかなりお一人様スキル高くて一人焼肉とかも全然平気だったけど、海外に住んでるとそのスキルがどんどん上がる😅ウズベク人のおじさん達との相席も気にしない😅
どこで何を食べても下した事ない自分の丈夫な腹にも感謝✨おかげでローカルなカフェでも楽しめます。
6B974FD3-733F-4F9C-8DA8-01C62278C4B1
38C6FDE3-DD99-4C3E-B42D-F8882AE9E585

職人ロード(と、勝手に呼んでる)も散歩。
前にも紹介したけど、ウズベキスタンのベビーベッド。
1CDB9322-B943-47E2-AEF5-7879CC2985FB

何故穴が空いているのかというと、この穴からウンチやおしっこを垂れ流すため。
ウズベク人にとってはその方が通気性もよく赤ちゃんにとって良い事と考えるらしい。
でも、穴にお尻を固定するために、赤ちゃんはベッドに縛り付けられて動かなくするんだとか💦
ちなみに、敷布団にも穴が空いているそうです。
国が変われば育児も様々ですね。

そのあと、渦巻塔と勝手に呼んでいるチョルス近くの塔へ。
児童劇場館みたいな場所。
日によって、外側の階段からグルグルと塔の上に登れます。
チョルスーバザールを見渡せてなかなか良い景色なのだけど、この日は開いていなくて残念。
 79430033-752B-487C-96A2-863B3BC7C4C956C96B1C-36B6-448A-BF2E-885CD5F7FD3A