ウズベキスタンへ飛んじゃった

2019年8月に旦那様の仕事の都合でウズベキスタンへお引越し。タシケント在住。英語もロシア語もウズベク語も喋れないけど、魅力いっぱいのこの国で毎日楽しく暮らしています。

カテゴリ: 建造物

チランザール-8あたりには、このような人物を描いたモザイクアートのマンションがいくつかあります。
作者は不明ですが、人物の顔などの描き方に同じような特徴が見られるので同一人物がデザインした可能性も。
柄アパートと比べると、こういうモザイク画は珍しいので、見つけると嬉しい!

C67564FB-6CB7-47EF-8780-9A6E4D84EE6D
23BCAED6-BA33-4905-B3F1-79CC78A40F00
8EEF8D50-A40B-4CF4-9A1C-4A7431881F49

そしてこちらは、学校の校舎なんだけど、あまりにも可愛いので撮影。
 
F97798B2-C1FC-48FC-AE80-35A2D8E16900
422777FE-3654-47D5-A0D8-365D9FE92C05
 

1966年、ウズベキスタン タシケントを襲った大地震。
それにより市内のほとんどの住居が崩壊。
そのため、ソ連から建築家たちが呼ばれて家が建てられました。その際、建物にメッセージを残しているものがあります。
建てられた年を書いているものもあれば、
お礼メッセージを書いてるもの
おそらくソビエト革命50周年を祝っているもの
4FA30313-1E80-4025-9C61-EB1D8F1AC9D8
0616030B-3333-4197-A1AF-1763659AEF1F
C933D018-1FAB-4866-8028-7A6B4CB2C2CD

НОВОКУЗНЕЦКは、ソ連時代の都市の名前だけど…何故それが書かれているのかな?
調べてみると、 НОВОКУЗНЕЦКはスターリンも施策により急速に発展した重要な工業都市。
ロシア人の個人が書いたブログによると、国の力を象徴する都市として、この都市の名前が付けられた建築物や広場などがかつていくつか存在したらしいので、もしかしたらそういった意味もあるのかもしれません。
A9098DC2-5ADF-4105-B8B5-240F97995D84

 それはチランザール地区に一番多く残っています。
最初見つけた時は「これは何が書かれているんだろう?」と好奇心が湧き、色々と調べて見ました😊
ウズベキスタンにはこういう歴史的建物が沢山あり、探しながら歩くのも楽しみの一つ。

しかしそれらの建物も、最近急速に取り壊しが始まっている。
代わりに新しいマンションが建設中。
これも今しか見れない貴重な建造物なのかもしれない。
 0A63B1F6-3A86-42E9-AF93-C4EF45A00738

こんな可愛い綿花柄のマンションを見つけました!
592BF2E2-E968-4C8B-8593-C7F586C62D29
07B71E22-3D0B-4D35-B3BF-020A99808CA4
0ACC9561-AEBC-4D75-860D-9E5AC859FF7B

この周りにあるのは殆どが幾何学模様のマンション。
私見ですが、ウズベキスタンの柄アパートは地区ごとに柄の系統に特色が見られます。
コラタッシュ通り添いには、この写真のような幾何学模様のマンションが多くあります。
どれもが模様が違って面白いです!
7AB3837B-13F8-4322-96F5-8D3F5A7E185C
F3964BCF-4C32-40DB-8455-A2E08D88F655
0613EB6C-56E6-49AB-8C37-4BD0FADE56F9
A1FFB219-17BE-4708-8DBE-BFE587A5156F
380B7B13-97BE-4242-8DE8-D7E60A46ED68
ADB92A52-BEB7-4E3E-9ADC-F3B34371E7AF
BB7821CD-0FAC-49E6-9499-E43EA09F1C98

その他、最近見た柄アパート。
745B7851-AADF-4C65-ADB2-61C463570B29
47096A22-A990-4DB8-B2B7-A3C58D8488A4
7AC2E443-9008-4D7D-A88D-E619EC1A96AC

 

移転が決まったエネルギー省の建物。
建物は古いため取り壊されるそう。
それを聞き、写真を撮りに。

まさにエネルギーを表現した、力強いアート。
 0C938141-7859-4945-90C4-15CBBA506D47838C87AE-4BDA-4322-ACF9-E633DFEC3D47


このモザイク画も壊されてしまうのだろうか…😢

ウズベキスタン、こういう古いモザイク画の壁部分を保存するための美術館とか作ればいいのに。
タシケントシティとかそんなのじゃなくてさ。

ここへ行く途中に撮った ウズベキスタンホテルの写真も掲載しちゃいます。
この国を代表するホテル。
なんか目がチカチカします。
整然とした美しさ。
好きな建物の一つです。
8A7C7FF4-F7C7-4A51-A840-C293A06F4529
 

素敵な柄アパートを探しに行くことは、虫捕りに似ている。
探している時のドキドキ感。
見つけた時の喜び。
ウットリと眺める時間。
似てる。
 
A103874D-B337-4A76-94A0-660BF359A2F9
AA3625A5-24E1-4D75-9889-25A6F94B56DB
7A71637D-4774-4135-8A27-5B0C63DCD743
292ED3D3-5D6A-46DD-8360-7925E0F05BCD
4AD228F6-0CFE-4085-9503-ADB6F3DF3D5C
3A4970D8-9807-43FE-8FA3-854B05301FD7
871A5ED3-B51C-4E78-BBDA-D783E2021429
0AB1CE14-5675-4D6F-88F3-011FF10B99E6
FBD4780F-6133-4DF8-A1AC-7B2CFE7F19C4
66F23AAA-3CD5-414B-940F-7A0B16465096
57F2284E-F042-48A7-8781-8B11F5F16C80
11FF196D-C07F-4581-A313-6B58F29B8565
18ACAD97-7AFE-4EA1-B0CB-B729A7C7E2B7
 

このページのトップヘ