ウズベキスタンへ飛んじゃった

2019年8月に旦那様の仕事の都合でウズベキスタンへお引越し。タシケント在住。英語もロシア語もウズベク語も喋れないけど、魅力いっぱいのこの国で毎日楽しく暮らしています。

カテゴリ: 学校生活

平日はオンライン授業。
せっかく少し慣れてきた英語が、学校が休校になったことで忘れてしまうのではないかととても心配でした。英語補助クラスのオンライン授業も一人一人設けてくれているので、助かってます✨
オンライン授業は、クラスメイトとも繋がります。我が家は授業なので一応きちんと座らせていますが、他の子はベッドで寝っ転がりながらとか、朝ごはん食べながらとか、みんなを笑わせようと上半身裸でとか、自由🤣🤣 デコは自分で勝手にやってくれるけど、タシエはまだ少しは手助けが必要だから私も大変だし、2人がオンライン授業中は掃除機とか煩いからかけられないのが辛い😅
宿題はパワーポイントやGoogleクラスやSeesawなどでオンライン提出。普段からそうですが、アナログでやることはほとんどなく、どの生徒も普通に映像編集やパワポを使いこなします。 宿題も個性的なものが多く、今日は、家にあるものでピタゴラスイッチを制作し、それをクラスメイトと動画共有しながら意見を言い合うというもの。 夕方にセッションがあるから、短時間でみんな自宅で工夫してピタゴラスイッチを作る🤣 私も撮影を手伝いました。


面倒臭いけど、家にいながらクラスメイトや先生とワイワイ授業できるのは楽しいです。 タシエのオンライン授業では 各自、即席で詩を作り、みんなで発表する授業。 タシエが作った詩。 まだ英語が下手くそだから、英語だとよくわからないけど、日本語に訳すと

花粉が舞い散るこの季節
花粉の代わりにコロナが舞う
花粉は私を傷つけて 
コロナも私を傷つける
花粉は果実を実らせるけど
コロナは何も生み出さない

コロナ滅びよ
5941B23D-0FA7-4093-A85F-3D141AD3AD3E

だって🤣🤣 それにしても、先生も知恵を絞って面白い授業をやるなぁ。 でもね先生。お願いだからオンライン授業の途中で 「ご両親にも先生から伝えなきゃいけないことあるから、お母さんかお父さん呼んでくれる?」とか言うのやめて。 私、どうせ外出しないからスッピンだし、寝癖ひどいし、パジャマだし。 しかも、各生徒のカメラと繋がってるし(笑)

ナウルーズの連休も終わり、本来なら24日から学校に行くはずだった娘たち。
24日からオンライン授業に切り替えるための説明があり、翌日からオンラインによる自宅授業。通常の学校開始の時間にクロムブックを開き、朝の会から始まります。Seesaw やzoomなどで授業を行い、質問などがあればライブチャットやSeesawで質問します。オンライン授業はもちろん出席日数にもカウントされます。

コロナ騒動で浮き彫りになったものの一つは教育格差だと思います。学校が休校になり、右往左往している先進国は日本くらいです。ですが、その事に日本人だけが気付いてない。海外に住んで日本を外から見るとその事がよくわかります。
日本は確実に教育後進国で、ICT教育において他国と10年以上の遅れをとっています。
これからも今回のコロナのような、いや、それよりもっと悲惨な状況がいつ起こるとも限りません。その時までに日本のICT教育がまだ確立されていないようなら、日本は完全に世界の教育からおいてけぼりをくらいます。

日本で勉強する子供たちの未来のために、政府は一日も早く教育現場にICTを取り入れるべきだと思います。


8ED7984C-F430-4835-8AA3-F4636F4C1A71

今度タシエの学年の課題発表会があり、タシエは「漫画」をテーマに選び、研究しています。その発表会の招待状を昨日くれました(^^)先生から事前に「今日学校で親に向けての招待状を書きました。タシエは自分で文章を考え、わからない単語は私たち教師に質問しながら全て自分で書き終えました」とメールを受けていたので、楽しみに待っていました✨
文章の手出しが大文字じゃなかったりとか、所々ミスはあるものの、半年でこれだけ英語の文章が書けるようになったことに感動✨

 4E93FB45-E852-4254-A370-7B8221FDF28B

朝からタシエの授業参観。

「ママと教室に入るの恥ずかしいから、先に行って。私は友達と行く。」と。なので、遠くから
こっそり撮影。
07380173-45B8-48AB-BCC4-8DCDD28BB542

 
こっちの授業参観は見るだけではなく、生徒たちが自分たちが今調べている事について大人に意見を求めたり、アンケートに答えて貰ったり。だから、英語が苦手な私としては心休まらない授業参観🤣生徒たちはプロジェクト班に分かれて、好きな場所で自分たちのプロジェクトを進めているのですが、色んな班の子たちに「私たちのプロジェクトを見て!意見聞かせて!」と呼ばれ、気がつくとタシエのプロジェクトをあまり観てない🤣
でも、タシエも他の保護者の人に、自分のプロジェクトについて一生懸命英語で説明していました
5EC98446-471A-4EB3-AD18-D8F387347485
33A816E7-051D-4F64-9577-A403EF7D627F

 
ウズベキスタンに来てちょうど半年。
アルファベットもまともに書けない状態で、いきなりインターナショナルスクールに放り込まれたタシエ。
今日、授業参観を見て、つくづく頑張ってるなー、と、かんじました。
タシエはデコとはまた違う性格で、お調子者でお喋りだから、英語を話そうとする意欲はかなり感じます。

 
そして午後からSecondaryの三者面談。
現在日本でいう中2の後半であるデコは、宿題も多く、それにプラスして日本の学業もあるので、なかなかに大変そう。
「デコはもう言葉は理解しているけど、授業で発言したり友達とお喋りするのが少ないから、もっと積極的に話しかけて。でも、デコはとてもクリエイティブで、絵を描くのが上手ね」と。1日で5人の先生と面談しましたが、みんな言うことはだいたい一緒。
タシエの授業参観後の英語の面談で、私の神経をすり減らしたので、ランチは元気を出すためにラグマンを。
B6034D90-C12D-4417-8450-D8E5365A3B66

ランチしながら
「デコさ、もっと友達とキャイキャイ英語で会話しなよ。じゃないと英語が上達しないよ」と私が言うと、
「英語は頑張るけど、性格を変えるのは無理」と。
たしかに😅日本でも友達にグイグイ話しかけるよりは一人黙々と絵を描いたりしてるタイプだもんな😅
まあ、仕方ないか。へこたれずに毎日ちゃんと学校に行ってるだけで及第点だ!

 

先日は小学部のウィンターコンサートでした。
「生徒はスペシャルな服で来てください」と通達がありましたが、いつものごとくジーンズにシャツの子もいれば、スパンコールだらけのゴージャスなドレスの子もいて、バラバラ😅コンサートも、練習期間はそれほど無く、音ズレまくりのグダグタ💦でも、親たちからの「ブラボー!!」という掛け声や拍手での盛り上がりはすごい😅こういうイベントを観ると、日本の学校は本当にキチンとしているなー、と、感心します。
小学生と中学生はイベントやASAの日程が違うから、送り迎えの調整かは大変だけど、9月から、タシエは日本より一足先に中学生。少しは楽になるかな?
クラスメイトと楽しそうにお喋りしていたタシエ。子供の英語の上達は羨ましい。

 740FF2C8-2855-45D3-AEAB-6E1B0B611A990B4AC7E6-2F8E-41C8-8A9D-B1A8D53B85E0
6C9E583D-E9B0-4105-A83D-308489475677

このページのトップヘ