ウズベキスタンへ飛んじゃった

2019年8月に旦那様の仕事の都合でウズベキスタンへお引越し。タシケント在住。英語もロシア語もウズベク語も喋れないけど、魅力いっぱいのこの国で毎日楽しく暮らしています。

カテゴリ: 趣味

ウズベキスタンの柄アパートメントコレクション。
せっかく綺麗な柄なのに建物や木で隠れてしまっていて、どうやっても撮れないものが沢山ある。
勿体無い💦
4A7AF3DE-D071-4FE6-BA42-3F4B96B78463
7E1FC00E-F9FA-4A27-B315-E095BBD5D80F
8DC82BFD-D8F3-4EB3-96D0-FD0983107668
D5AD2B14-AF46-4474-8190-A57CD0AC93B0
 

やっぱり好き。ウズベキスタンの柄アパートメント。

2月にウズベキスタンー旧ソ時代に作られた豪奢な地下鉄駅・全29駅をめぐる『メトロタシケント』という写真集が発売されるとか。私も柄アパートメント写真集作りたい❤️

 12E8F50A-7D36-4104-9D3F-F4794C9AAF29DFA912AB-F6BB-495C-BED5-07E2DFAC4992
9B9280FE-2D76-4D85-A4E4-BAF744D9AC58

今日も英語レッスンの帰りに遠回りして知らない道を歩いて帰宅。
「歩いて帰るの?この辺りなにも素敵な物ないのに」と、先生にも友達にも言われたけど、素敵の基準は色々。

ウズベキスタンは、水道管が外にある事も多いです。たまに水が漏れているけど、大丈夫なんだろうか😅水道代とか余分に取られてたりしないだろうかと余計な心配してみたり🤣
7DA740CB-1624-4EFB-849E-1890605E808E


空が高いなぁ❤️
6D3931CB-57F5-4CD8-89B8-E80855440DF2
 

ウズベキスタンの家は出窓が多い。
でも出窓はいつ落っこちてくるか分からないから、下は歩かないようにしてる🤣
CDBE0E6A-646F-48FE-9F34-9CA67EA591CD
48BFB8AA-18FC-4B25-810A-4ECE2C53A7C5

私は車とか重機とかとくに興味は無いんだけど、ウズベキスタンのレトロなそれらは、可愛いと感じる。
E49F03F6-78AD-41AC-81F9-61CFDEC3B6DC

お腹が空いたから途中でサモサを買って、食べました。ホカホカ焼きたてサモサは、日本の冬のコンビニで買う肉まんみたい。美味しい。
C6EFCDFF-869A-4DA1-AD3C-393D03406685


今日も素敵なお散歩時間でした❤️

ウズベキスタンでよくみかける、オリエントスズメバチ。
日本にはいない種類です。
お尻の紋が美しい。

あ、スズメバチは毒があるので、触らない方がいいです💦
私は子供の頃からの特技として、上手く言えませんが、波長がわかるので、触っても刺してこない蜂しか触っていないので大丈夫です👌

 

寒くなったらロシア語の勉強すると言っていた私。
勉強はせずに、今日からスザニを習います🤣🤣
こっちに引っ越してきたばかりの頃、Twitterで情報をいただいたお店に行き、スザニマスター(と、先生が自ら名乗ってる)の先生にいきなり「私、スザニ刺繍を習いたいです。教えてください!」と、弟子入り希望(笑)先生も「いいわよ。いつでもいらっしゃい」とあっさりOKしてくれたから「夏の間は色々と観光しなきゃ行けないから…冬から始めていい?」と、超我儘かつやる気あんのか⁈こいつ⁈みたいなお願いをし、そのときお願いした弟子入り希望日がこの日からでした(^^)
ブックバザール並びの人が3人入ったら満員の小さな店内に刺繍用の机を広げて、先生と二人きりのレッスン。
先生は、私用の針を用意して待っていてくださいました💕
スザニ刺繍は、かぎ針を使って縫います。映像は先生が私のために超ゆっくりと縫ってるところ。実際は先生が目にも留まらぬ速さでブスブス布に針を刺してるだけで、数分で手のひらサイズの花の刺繍が出来上がっちゃう😲
私、針に糸を通したり、いちいち玉留めしたりという作業がめんどくさいから、刺繍とかあまりやらないんだけど、スザニ刺繍は玉留めとか最初だけ。針に糸も通さないから、私好み💕好きになれそう💕

あっという間に二時間のレッスンが終わりました。
今日は、茶色の糸で蔓?部分を添付した写真分縫いました。来週も楽しみ💕
帰国までに、マスターしたい!


D7836218-B794-4580-9CD1-9C451796805A

 

このページのトップヘ