ウズベキスタンへ飛んじゃった

2019年8月に旦那様の仕事の都合でウズベキスタンへお引越し。タシケント在住。英語もロシア語もウズベク語も喋れないけど、魅力いっぱいのこの国で毎日楽しく暮らしています。

カテゴリ: お買い物

ウズベキスタンは野菜や果物だけでなく服もキロ買い⁈
服が1キロ90000スム(900円)!!😂
カゴに入れてレジに持って行くと、おばちゃんが測って会計してくれる。
タオルも1キロ800円!!
Tシャツとか軽いから1キロ選ぶのも至難の技🤣
エコじゃないけど、この値段なら長期旅行で洗濯出来ない時に使い捨て出来そう。
それに、子供服とか結構可愛いの。
お馴染みの偽ブランド服も沢山売ってました。
8D7919F3-43D6-4519-9295-AD10B75A3BD8
069195F9-25EC-4CF3-AF4E-77D2443008B4
6C72516D-F551-43C4-96D6-2F3A7C1B8A94
66FD0391-7806-41E0-ADAF-3BD53917A804

場所はUch Kakhramon Bazaarの道向かい。
ユヌサバッド16地区にあります。

服をキロ売りしている場所は、ウズベキスタンでは結構あります。
例えばイッパドロームバザールにも。

イッパドロームほど広くはないですが、Uch Kakhramon Bazaarも、服や靴のバザールです。
こちらのバザールも、かなりお安いです。
782848B1-7C98-4135-97A0-3C016BDF1741
76E0F7ED-1AC9-4429-894E-A6BCEFD76793
F405A948-F2B1-4206-875B-9ED6BD2E0657
4AC514E2-E598-4374-AACE-92175FC94765
5B17DF6E-DA5C-45CE-A0F6-256DB3EA82EF
 

日本への帰国前。
家族や友達へのお土産に食器などをいくつか購入。
魚と、チャイポットの形の小皿とか。
カラフルなリシタン陶器など。

これらをタシケントで購入できる場所はいくつかあるけれど、私はナボイパーク内のABUL QOSIM MADRASASで買うことが多いです。
詳しくは ABUL QOSIM MADRASASIとナボイ公園とお土産
質が良いものが多い気がしますし、工房とやりとり出来るので
事前に「この形のお皿でこの柄のが欲しい」と注文して仕上げてもらうことが出来ます。
私は以前買ったチャイポットの形の小皿が気に入ったので、お土産として15枚ほどまとめて注文。
それらを受け取りに行きました。
92768D8A-17F9-49F6-866B-91ED591AB163
C936F45F-49C8-4255-8598-4C460244CDA2

綿花柄のお皿を追加で買って帰ろうか、引っ越しのギリギリまで悩みました。
日本の家はウズベキスタンほど収納が多くないし、あまり物を増やしたくないので。
でもやっぱり欲しくなり、これまた本帰国直前に買いに行く事に。

以前はチンネバザールに買いに行きましたが、今回欲しいのはどこにでもある茶碗とかだし、遠出する時間もなかったので、チョルスへ。
綿花柄の食器は、土産屋ではなく、ごく普通の日用品などが売っている雑貨屋の方が種類が多いし適正価格です。
と、いうより綿花柄食器は土産屋で買うと3倍くらいの値段を払うことになるので買うときは雑貨屋で。
9FBE2953-28E5-49F2-94CB-E6BAF96379DB

御茶碗だけのつもりが、結局お皿やチャイポットまで買ってしまった、、、。
我が家、食器が多いのが悩みなのに、、、。
好きだからついつい買っちゃう。

小さな姪っ子甥っ子たちに、ごっこ遊び用のウズベク衣装を買いにイッパドロームへ。
タシエは小さい頃は私服がドレスだったけど(笑)
デコは「チクチクするから嫌」と着なかったから、姪っ子たちも喜ぶかはわからないけど。
でもいらなかったら誰かにあげてもいいくらいの値段だから気軽に買えます。
3F0BA2CB-69EE-4877-999F-67A7139656D2
 

タシエもドレスブームがトルコに住んでいた時期だったからトルコで安いドレスいっぱい買って帰国したなと、懐かしく思い出し。
CE09EB07-7B2F-4C4F-9F64-95E0C2B6FD8A
7E009000-4BF8-422A-9F5B-53A129A9EDEC

甥っ子には割礼用?の衣装。
E2EBFAEB-E8FF-4404-B855-4E11DAC219CB

イッパドロームに来るのも、おそらく今日が最後。
活気があって美しい布が沢山あり、大好きな場所でした。

それにしても…
再びコロナがヤバくなってきたウズベキスタン。
この日は6月28日からの規制強化が発表された直後。
なので、おそらく地方から買い物に来ている人で溢れてる💦
そしてやっぱりそれでもノーマスク💦

民族花嫁衣装屋さんも人がいっぱい。
でも、「お客さんがいっぱい」というより1人の服を買いに来るために、本人だけでなく母親、叔母たちが総出で来ているから売れる服はおそらく一人分(笑)

お昼はイッパドローム内の食堂でプロフ。
この油まみれの米が大好き。
C94F2582-10D2-407B-9CBD-429D715E49C2

ウズベキスタンに来てから2年間。
現地のローカルな食堂でも随分と沢山ご飯を食べてきたけど、一度もお腹を下さす
体調も崩さず
毎日元気に外を歩き回れた自分の健康に感謝! 

ところで、食堂にいたおばちゃんたちがお洒落だったので、思わずパチリ。
ウズベキスタンのおばあちゃんたちって、なんでこんなに柄物の服が似合うんだろう。
 18363825-6EEB-4D45-8341-EDD92871A593

イッパドロームからの帰り道
いつ来るかわからないバスを待ち続けることも
この国だと楽しかった。
帰国が決まってから、ウズベキスタンの生活の毎日が愛しかった。

以前、新しくウズベキスタンにいらした日本人の方にお買い物ガイド?をしていた時の話。
「ウズベキスタンで観葉植物は買えますか?」と聞かれたことがありました。
リビングに緑を飾りたいとのこと。

なるほど。

こんなふうに買い物ガイドをしていると、他人の需要と私の需要の違いに気づいて面白い。
違うからこそ、新しい視点でより有益な情報を提供出来ます。

さて、ウズベキスタンで観葉植物を買う時にお勧めの場所をいくつかご紹介。

まずはこちら。
Flowers Garden Park。
9AAC6963-64AF-4C06-B83C-3E4598C45F44
B971A8FE-9567-403F-9CC1-ACA142EEC94A
F138BA22-15CF-42D0-BA7A-812BAAC34F67
1E47D26D-1878-4547-8D4E-4C6C5356AB00
 
Google マップで名前で検索すれば出てきます。
Tashkent Ring Autmobile通り沿いにあり、バスで行くにもメトロで行くにもちょっとめんどくさい場所なので、タクシーで行くのがいいかも。
パークの入り口にショップがあり、色々な観葉植物が売っています。
外にも植物を育てている温室などがあるので、そこから気に入った植物を選んで鉢植えなどもカタログなどから選んで入れてもらえたりもします。
0E5C8FB3-6A68-42CF-AE22-4332D47C74F1
 
もちろん配送もしてくれます。
毛虫対策用の薬品などもこちらで買えます。

ここは、公園としてもとても気持ちの良い場所。
入場は無料です。
小さい子用の遊具もあり、散歩するにも良い場所です。


もう一つは、
Minor駅近くにある
Bahor gullariという花屋さん。
bahor_gullariで検索するとInstagramもあります。
種類も豊富。
配送可能。
082FC764-41C2-4DF1-BF18-604579404292
0E0EF1EF-90F8-4FD2-A29C-AA43A708F2D4
2CB4C588-A111-4ACA-A876-0CA6262465BC
 

最後に紹介するのは、写真がなくてすいません💦
ミラバットバザールのヌクス通り向かい。電化製品の建物並びにあるCity Flower というお店。
小さいお店だけど、観葉植物がいくつか置いています。

多分他にも色々なお店があると思いますが、私が知っているお店を紹介しました。

以前からちょくちょく紹介しているミラバット通りのカフェISTANBULの脇道(Chekhov通り)入ってすぐにある中華食材店。
 
先日行ってみたら、、、、
なんと!!もぬけの殻!?
FCCDF228-88E8-4406-AFDD-90551092EAFD

えーーー!!!閉店?移転?
と、店の前でしばらく悲しみに暮れていたら
道向かいから
「おーい!!こっちこっち!」(※私の脳内ではいつもロシア語を勝手に日本語変換)
と呼ぶ声が。振り返ると、お店の人が手招きしてました。
どうやら道向かいにお引越ししたみたい。
よ、よかったー!!
お店の名前はGAOだけど、外の看板はこれから変えるのかな?
167CD1BB-0AA1-4A0B-9BD7-C58F6083429C

新しい店内は前の店より少し広くなり、商品も増えてます。
お菓子や中国拉麺などの種類も増えて嬉しい!!
0922C4A1-263E-4E2E-B20A-8A0EF0F5AB46
E8FF0039-5C08-46E5-B147-66D77BFA230F
D4FC5901-9213-4B4E-912F-5CC20A873AB2


店内の商品を50万スム買うと、4万5千スムの牛肉拉麺を1万スムで買えるらしい。
CA4C7389-4892-4E1A-93E1-2CE526DB79E5

そのすぐ側の、こちらも頻繁に紹介しているMARTも、日々進化。
最近は支店も増え、お弁当?や惣菜なども販売していて、日本のコンビニに近くなってます。
ククシやカットフルーツなども。
4F3261EF-DD69-4554-A7B2-B5A185740F61
A08B9661-7DB0-400D-A373-B5878D097F2F

あと、新しいお店情報として、NBUスタジアム近くのOkkurgon 通り(Breadly Bakeryとkanishka の中間あたり)に、MATCHAというオーガニックのお店がオープンしました。
抹茶トリュフとか売ってます。
DA1DAFC3-FE85-4160-87C5-48071CF0EBDF
0CBAEE2E-8744-4890-ABD1-7433568A6666
039D3281-D27F-4CA9-81CA-D889FE7E8097
F46163CA-39D2-435A-9373-68AAA852D919


これはもしかして以前紹介したかもですが、同じ並びにある雑貨店も、奥に質の良いリシタン皿とか売ってます。

こんなふうに、新しいお店情報を開拓する生活もあと少しと思うと悲しい😢
ウズベキスタン、まだまだ面白いお店がいっぱい出来そうなのにな。

※後記
後日、中華食材店の看板も出来上がっていました。
8CB93E5E-87A7-4C14-BE9C-B1518AA26AA6

 

このページのトップヘ