ウズベキスタンへ飛んじゃった

2019年8月に旦那様の仕事の都合でウズベキスタンへお引越し。タシケント在住。英語もロシア語もウズベク語も喋れないけど、魅力いっぱいのこの国で毎日楽しく暮らしています。

カテゴリ: 料理

旅行から帰った翌日。

カラ巡りで泥だらけになり、それこそ遺跡みたいな見かけになった運動靴を洗う。
溜まった洗濯物も。

そんな中、娘たちが
「お正月なのにお餅も食べていない。お餅食べたい」というから、餅も作った。
とは言っても、こちらはホームベーカリーに米と水を入れたら勝手に餅を作ってくれるから、私はそれを丸めただけ。
何度も言うがホームベーカリーは海外生活の必需品。
そして、韓国人が多く住んでいるおかげで餅米が容易に手に入る環境にも感謝!
トルコに住んでいたときは餅米は手に入りにくかったので。


出来上がったお餅はお醤油つけて海苔に包んで。
やっぱりお餅は美味しい!
AF52DF34-9409-40D0-B678-884DFDA26E48
 

今回は餡かけラーメン作った。
A3AD4A11-9612-4FB6-9B4A-CB0D608F6BC1


日本から持ってきた中華スープの素の味覇が尽きそうなので、今回はウズベキスタンの韓国食材店などでも手に入りやすい韓国のダシダと、鶏ガラを数時間煮込んだスープと、ニンニク、ネギ、生姜などなどでスープを。
ダシダは味覇とは少し味は違えども、代用としては最適。
粉なので使いやすく、チャーハンを
作る時は、ごま油でご飯炒めて、ダシダと醤油で味付けはバッチリ!
ECC76E0A-9698-4B6C-8A92-AADFA48C69C6

もうウズでラーメン屋開業した方が良いかもしれない

いくら丼に続き。
我が家は餃子大好き家族。
トルコに住んで居た時もユフカという小麦粉を薄く伸ばしたパンみたいなもので揚げ餃子を作っていて、ウズベキスタンにもそれがあったので同じように作っていました。

揚げ餃子も好きだけど、カロリー高いし何より揚げ物めんどくさいから焼き餃子食べたい。
でも、ユフカは元々焼いてあるし皮も厚めだから焼き餃子には向かない。
でも考えてみたらスーパーにサムサの生地を売ってるのだから、マントゥの生地も売ってるんじゃない?と思い探してみたら、スーパーの冷凍売り場に焼いてないユフカが!ロシアのハヌムという料理に使う生地。
これはもう完全に餃子の皮!!でも名前はやっぱりユフカ。
5393FA36-DBC7-4548-8652-443B7F1F8DB6
EC379014-5630-4AC0-A2D0-D52074F7EE45
 
四角の生地なので、それを等分し、小さな四角い生地にして棒餃子を。
ホットプレートで焼き餃子にしました。
棒餃子といくら丼!
豪華でしょ✨
だってこの日は結婚記念日❤️
28917649-8855-417D-9BE6-0CE38FBC0825
A9A3AEFC-125A-4269-8967-B8C85BBA34FD
 

私の食への探究心は半端ない。
食べたことない食材、
何者かわからない食材、
日本と違う食文化
興味が湧いて仕方がない。
とりあえず調理して食べてみたい。
今日は、世界に2つしかない二重内陸国、つまり最も海と縁がないこのウズベキスタンという地で、いくら丼を食しました。
いや、鱒子丼かな?
この時期、ウズベキスタンでは生筋子に似たものが売ってます。鱒の卵。
でも、鮭だって鱒なんです。海で生活したか、川で生活したかの違い。
と、いうことは、ウズベキスタンで売ってる鱒子はいくらと同じ!
この国でもいくらは売ってます。
でもたいていが塩漬け。
日本のいくら丼のいくらとは似て非なるもの。
そして私はやっぱり醤油漬けのいくらが食べたい!
ってことで、鱒子を醤油漬けにしました。
作り方はいくらの醤油漬けと一緒。塩を入れたお湯で、丁寧に皮から卵をばらし、醤油と味醂と酒と出汁に漬けます。醤油はこちらで手に入る韓国製。味醂は白ワインを醤油で煮詰めて。酒も白ワイン。出汁は韓国食材店で手に入る昆布で。全部現地のもの。
重要なのは、川魚にはアニサキスが海のものより危険度が高いこと。なので、醤油漬けしたあとは24時間以上冷凍します。
これで、アニサキスは死滅します。
いくら800gくらい?この量の鱒子でだいたい700円です。日本より断然安い!
ウズベキスタンで日本と同じいくら丼を食べる幸せ❤️
8162C32A-5D0B-46A1-ADE9-FEC6C0EC96F6
C734AF2C-698C-4920-825E-DD78E742BC88
0C2345A0-6A9C-4A97-91AC-BCED92FB5CFD
FA872DD2-AB21-409B-A3AE-B747C7D05C45

翌朝家族のお腹の調子を確認し
「よし!腹痛も下しも無し!アニサキスは大丈夫!これでウズベキスタンでいくら丼が食べれることが証明されたね👍
と言ったら
「我が家の料理担当、チャレンジャーすぎて怖いんだけど。いつか殺される」
と家族に言われたwww
 

 

コロナ完治記念焼肉パーティー✨🎉
見て!豪華!
タン、柔らかくて美味しい💕
ネギ塩ダレは、レモンと塩胡椒とニンニクすりおろしと中華スープの素で手作り。
カルビのつけだれは、林檎と蜂蜜と醤油と味醂とコチュジャンとすりおろしニンニクと生姜で手作り。
5472BF3F-AAF0-4F13-A8ED-12840CF78724
7D54A5C1-1B36-40A4-BAB8-21B070A6426E

焼肉の友は、リジュスコーイェというウズベキスタン タシケント産ビール。
2.3リットルだけど、旦那と2人ならちょうど良い量。
7F6096F4-A1B4-48CF-AB77-E90AC4633F74
 

このページのトップヘ