ウズベキスタンへ飛んじゃった

2019年8月に旦那様の仕事の都合でウズベキスタンへお引越し。タシケント在住。英語もロシア語もウズベク語も喋れないけど、魅力いっぱいのこの国で毎日楽しく暮らしています。

カテゴリ: 料理

バザールで買ってきた食材が入った重いエコバッグを肩からドサッと下ろし、
「今日はいいタンが手に入った。夜、焼くか。」
と、呟いたところで、
「え?猟師なの?」と
ツッコミ入った🤣
C5A86525-81F5-43B5-A9F1-5EEA03DA0301
1E883FD5-3A77-466B-A649-737E381F1984

とりあえず、タシケント市内で一番美味しい焼肉が食べれる場所は我が家です✌︎('ω')✌︎
タンに添えるネギ塩ダレはたっぷり。
豚は臭みを消し柔らかくするためにすりおろした玉ねぎで作った自家製タレにつけて。
キャベツのガーリックバター炒めと
ほうれん草のナムルで野菜もしっかり。
7EAC51F6-9109-4F38-9608-FBC23510F736
 

ウズベキスタンの春を告げるフルーツ。バザールのおばちゃんに聞いたら「ドンチャ」と聞こえたけれど、スーパーに売っている表記をみるとдовуччаなので、ドブチャの方が近い??
青い杏子。というか、まだ未熟な杏子。
 
ウズベキスタンでは塩をつけて食べる。
0D0D26C3-99A0-4A36-B154-850FE7ADC9BC

日本では青梅って毒だから食べちゃいけないと小さい頃に教わったけど、これは大丈夫なのかな⁈💦
ウズベク人も「これは酸が強くて食べすぎると歯が溶ける」と😅
ドブチャを食べた感想。
なんか…
とりあえずフルーツでは無い。
スナックみたい?
渋いのか酸っぱいのか、よくわからない味😅
でも私の知り合いのウズベク人はこれが大好物と言っていたから、人によっては好きな味なのかも。

 酸っぱ&渋くて、沢山は食べれないため、余った実はシロップにすることに。
日本では毎年梅シロップを作っていましたが、これも青梅みたいなものなので、おそらく大丈夫!
カビ防止に少量のブランデーも。
美味しいシロップになりますように!
 E59D9024-5B66-448A-B3CF-220CDC873014

この日タンシチュー💕
B0CF0D22-A270-4B20-842E-5E4D80137BB8

日本は自宅でタンシチューなんてタンをお取り寄せしないと無理だけど、ウズベキスタンでは捌く試練さえ乗り越えればいつでも作れます。
こんなふうにパックに入って売っている光景、日本じゃ見れない。いや、特に見たくもないけど。
A6435677-7D87-4A98-B09E-B8A7C63DC0BB

玉ねぎのすり下ろしに漬けた後に下茹でして。
臭みがなく柔らかなシチューにするためには手間暇かかるし、デミグラスソースなんてものはこの国に無いから、赤ワインとバターとコンソメとトマトペーストで一から手作り。
大変だけど、旦那が喜んで食べてくれたから、また作る。

先日、いつも購入するバザールの肉屋に、皮を剥いたっぽいタンが売っていて、おじさんに聞いたら、「これは皮はないよ」というので、喜んで購入。
そしたらこちらは茹でタンでした。
でもとても上手に茹でてあり、箸で切れるほど柔らかい。臭みもない。
切って、ネギ塩タレにつけたら、焼肉とはまた違った食感で美味しい。
何よりとても楽。
おじさん曰く、たまにしか店頭にないらしいけど、見つけたらお勧めの一品。
A9063C68-BFE9-414E-B432-24B49689ECB8
16F778CE-5265-462E-9E87-9B7400F0E227

バザールの肉屋には、まだまだ気になる物がいっぱい。
羊の脳みそとか。
パキスタンでは羊の脳みそカレーとかあるらしい。
ウズベキスタンではどんな風に食べるんだろ?
興味は尽きず。
1281AB5F-3777-4F07-8DDB-3A962275DA98

毎日遊び歩いているように見えますが、一応家事も頑張っています。
こっちに来てから楽になった家事は、一つだけ。
ウズベキスタンは湿気がないからカビが生えない。
なのでお風呂や水回りの掃除などは楽に。
しかしそれ以外は、、、。
床はすぐに砂埃が溜まるから毎日モップかけしなければいけないし。
中でも大変なのが料理。

コロナで食料配給なども出来なくなり、ついに日本食材も底をつきかけました。
マヨネーズ、ポン酢は手作り。
ラーメンもスープから手作り。
味醂は白ワインと蜂蜜で代用。

この日は餃子を。
もちろん皮から手作り。
ウズベキスタンは準強力粉がほとんどなので、配合とか適当に。
でも、手作り餃子は美味しくて家族にも好評だから頑張ります。
09C9BF04-583A-4B7F-AC4B-6912E562F5B3
297E7DBF-48D9-4256-83AB-8A5A9E62179B
D49F21F4-8499-45D3-B76F-C65E1A482748

別の日。
この日の私も家事のやる気に満ちていた。
朝から掃除機かけて雑巾掛けしてお風呂や棚もピカピカにして、
バザールに行って買い物して。
で、買い物してちょっと休憩するべくコーヒー一杯飲んだところで自分のやる気エネルギーが電池切れな事に気づく。
そしてついさっきバザールで意気揚々と買ってきた巨大な牛の舌二本を前に途方にくれる、、、。
6CDE3FC4-2609-41E8-94F2-311455490E08

そんな私が家事のテンションを上げるために、やったこと。
どうせやるなら楽しく捌こうと、
「ウズ子の3分クッキング」動画を撮影🤣🤣
絶対に日本で需要のない料理動画(笑)しかも3分といいつつ3分に収まってない(笑)
これ撮影するために、ツムにウズベキスタンTシャツまで買いに行ったよwww

そんな感じで毎日楽しく家事をしてます(笑)
と、いうよりこのくらい気持ちのテンションを上げないと、タンは捌けない。
 

旅行から帰った翌日。

カラ巡りで泥だらけになり、それこそ遺跡みたいな見かけになった運動靴を洗う。
溜まった洗濯物も。

そんな中、娘たちが
「お正月なのにお餅も食べていない。お餅食べたい」というから、餅も作った。
とは言っても、こちらはホームベーカリーに米と水を入れたら勝手に餅を作ってくれるから、私はそれを丸めただけ。
何度も言うがホームベーカリーは海外生活の必需品。
そして、韓国人が多く住んでいるおかげで餅米が容易に手に入る環境にも感謝!
トルコに住んでいたときは餅米は手に入りにくかったので。


出来上がったお餅はお醤油つけて海苔に包んで。
やっぱりお餅は美味しい!
AF52DF34-9409-40D0-B678-884DFDA26E48
 

このページのトップヘ