ウズベキスタンへ飛んじゃった

2019年8月に旦那様の仕事の都合でウズベキスタンへお引越し。タシケント在住。英語もロシア語もウズベク語も喋れないけど、魅力いっぱいのこの国で毎日楽しく暮らしています。

カテゴリ: 旅行

シャルムエルシェイクのナイトマーケットへ。
カイロのオールドマーケットよりは店員がしつこくなくて買い物しやすい✨
ウズベキスタンでお世話になりっぱなしだったお友達のお土産に、髪と顔用のオイルを購入。
76CEF9F4-BC9E-41A8-8B41-82E3FA23C3CA
1F310EE6-578F-4B05-82B2-D540D613583F
36B18EE6-D964-466A-B22A-25B8C12B4894
D81CA550-AD10-4C10-942D-3859F2680EDF
37AE74A3-2360-4EFB-A2CC-D14C9AF51922
B6AB1C24-7CC4-48EB-A90D-71D5E24E122E
2ED59494-BD2F-4121-85AF-D5A352E47C56
64666E35-DF9F-46AE-9950-FCCE5533DFB4

中心部にあるモスクが個性的で美しい姿でした。
CFFF8871-79F6-46CB-854E-C096C4D6FFF6

翌日。
午前中にウズベキスタンに戻るためのPCR 検査を受けに病院へ。
意外と立派な病院でびっくり。
AD038D5A-E1FC-4AD9-BB6D-E546BE16CD71
F39B572C-4F7B-4E54-BEDA-33D7C911B5B8
 
以前もキルギスに比べると、並ばずにとてもスムーズに検査出来ました。
そして午後は海へ。

前日は底が見えない深さの海に入るのを嫌がって泣いたタシエ。
このは浅瀬からチャレンジ。浅瀬にも熱帯魚が沢山。しかも人懐っこく足にまとわりついてくる。
「可愛いな」って言いながら旦那が撮影。

、、、って思ったら!?なんか私にだけ攻撃してくるんだけど!?
キルギスでは馬にバカにされ、エジプトでは魚に攻撃される私。
好かれるのは虫にだけ。
前世虫なのかな?


1420761C-D6C7-40EC-95CF-6F23002923F3
5CC049FC-0285-4C0D-A0D7-2ABD06CD5E33

海に慣れたところで、再チャレンジ!

どうなることやら!?
でもこのは2人ともなんとかシュノーケリング?を楽しめました✨
良かった良かった。
海から出た後は娘たちはプールへ。
私たちはビールタイム🍺
旦那の日焼けがやばいwww
13BF448F-E964-49A0-8DA5-39EF3C8A5B6B
90A193F4-FB3F-42CE-9319-725EA609903D
FD093D15-0D0E-4B8C-BDC8-E32D6BCC1D40

リゾートって、基本的にあまりやることがない(笑)
翌日は、朝早くに海。
時間帯によって、魚の量も全然違うため、朝はどうなのかな?って思ったら、全然居ない😅

しかもこの日は波が高くて、海に入った人たちがもれなく流されて、警備?の人に浮き輪で助けられる羽目に💦
D4B63D0A-FBC6-4F34-AA38-0C994BA0FA35
0C68D4B6-A589-4B46-8A6A-F7986EA6C1D7
CA795586-57EC-4BB2-AFFE-F4B706522811
5DCE2EE0-C654-4249-8FEC-286B63DEB721

朝は潮がひいていて、浜辺の生き物観察がよく出来ます。
鎌倉育ちの私は、泳ぐよりもこういう岩場とかでの生き物観察が大好き。
陽射しが強くなければ、延々と生き物探しが出来る。
そしたら、この海は、こういうトゲトゲしたヒトデがウヨウヨいました。
砂浜じゃないから靴を履いて海に入るけど、靴履いていなかったら危険!ってくらい沢山いました。
DA0FDC1E-B078-44F2-9B43-F108B173CA10
6B8BAF13-17E9-4FC3-8AE5-0A709E004DC1

夕方、仕切り直しで海へ。
でも朝ほどではないにしてもやっぱり波が高く、海水の温度も低くて昨日や一昨日ほどは魚がいませんでした。
残念。
でも、子供たちもだいぶ海に慣れて、最後はみんなでシュノーケリング出来て楽しかった💕
36268E17-0CBE-4A6A-BD42-A31AEB5A1ECC
1F073A05-BE27-4D1D-8CF2-13392DD2B45F
E6EABB78-3BB8-499E-88A6-CF0095AACE06

この日の夜、タシケントに戻りました。

朝、アレクサンドリアにさよならし、タクシーでカイロ空港まで。
エジプトに乗ったタクシーは、漏れなくアザーンのような祈りの歌?が流れていて眠くなる💦
イスラム教は楽器を好ましく思わないらしい。音楽は官能的快楽なので。

でもウズベキスタンはカフェやタクシーもロックとかガンガン流しているし、そんなこと忘れてたわ。
やっぱりその国に来て初めてわかることがある。同じイスラム教の国でも全然雰囲気が違う。

タクシーから空港まで、郊外の道を走る。
窓から時々見かけた、蟻塚みたいなこの塔。
これは、鳩の巣の塔。
エジプトは鳩を食べるので、こうして食用の鳩をここで育てているのです。
FE2C717F-5DBA-4F2A-98E6-0B16BA58D13C


カイロから飛行機でシャルムエルシェイクへ。
娘たちにとっては一番楽しみにしていた場所。
07BC1BB9-BBAB-48AB-ABAC-47493C19A25E
 
モルジブと同じで、オールインクルーシブで、親と部屋は別々。Wi-Fi使い放題😅
海が見える涼しい部屋で姉妹で絵を描いたり、お腹空いたらプールサイドのカフェでお茶したり。
私と旦那はエジプト旅行中はあまり飲めなかったビールを飲みながらモルジブと同じく新婚気分で(笑)
16D66CB5-BBFD-4FE1-8736-45F0CFA7A6D4

B6875CC5-4790-406C-9028-5E42823D03CA

最初は海ではなく、プールで。
平泳ぎが出来ないタシエは、パパに泳ぎ方を教わって、随分上手に泳げるようになりました。
B83E330B-8F97-45DF-A8C3-A7182CF984B6
A03C596E-FFB3-42BF-9748-D800F364258D
288DE457-DD90-46AA-BA4B-8637450BE8FE
A4D68D1C-3366-493A-84D3-658B031FEEED
B0309056-2A38-4C84-ADD6-07E287D815CA

その後海へ。モルジブと違い、シャルムエルシェイクの海は浜辺がない。
海からは一段上の場所にあるホテルのプライベートビーチから桟橋が伸びているのでそこを渡り、端まで行って海へドボン!
2542DD7A-9EB5-4783-9EF1-52CCDC9861D2
EB6FFF06-342E-49D1-8867-0E4D7F6ACEB3
742242BA-1766-4183-B0C0-A34628520236
8353F81E-24FF-4E1B-9EC2-5550A41CAAE7
3F5EF770-B48B-4ED0-9107-50FE3E5F7C9B
09F20FB6-8726-4397-9FF6-FE798DBD0C30
81F67685-FEAC-4304-8DEE-976EA7265BB9
97B25D2D-A912-478C-8DE9-8AC429E22999
 
そしたらそこはいきなり底が見えないくらいの深さ!
どこまでも続くアリエルの世界。
娘たちにも見せてあげようと、ライフジャケットとゴーグルをレンタル。
私と旦那様はライフジャケットなしで、ゴーグルだけで身軽に。
 






海嫌いの娘たちだけど、デコは美しい海の底の景色を楽しんでいました。
39D55381-75D2-471D-B48E-0201003F0ABD
AABFB815-A264-46E0-B2D5-17F737D01660

が、タシエはもうこの深さにビビり、一度顔をつけて海底を覗いただけで泣き出す始末😅
中学生にもなって海が怖くて泣くとか…
ありえないんですけど。
284BA12A-9D8D-491E-B57F-12D59C76105E
94FD2059-400B-4CD3-A38B-51F31681B99B
E3841AF8-1E82-4C7E-8AA4-DB30AA6EC13D

私と旦那はライフジャケットもなくひたすら海を泳いで綺麗な魚たちを眺めて楽しみました。
そして、ビールを飲みまくる。
一日一人ビール5杯飲めばオールインクルーシブの元が取れるんだけど、余裕です!
F0B1E852-19B8-4564-9CB7-A361F10C8C8A

 

朝ごはんはホテル近くのカフェで。
 何気なく入ったカフェだったけど、もうすぐ創立100年?らしく老舗カフェでした。
お客も沢山入っていて、ケーキやパンの種類も豊富。
712AC33C-6F96-4B56-8CD1-7371EDA90AA0
6598F738-8896-4FBE-BE25-197B08796325
1A36B754-5F6D-4842-92E0-F3FC3866939C
E10E8CCD-FFF4-4F01-84D9-CE47818901A5

食べていたら停電で急に真っ暗になったけど。
485B3889-767D-4B81-B811-19F799A4BCEF
 

ウズベキスタンに住んでいるから免疫ある娘たち。
停電の中、何事もないようにご飯を食べ続ける(笑)
その様子に「さすがだね!免疫ついてる!」と私が言うと
「こんな免疫ついて欲しくなかった、、、」と娘たち(笑)

朝食の後、街を散歩。
6CCE74F0-BD91-4698-9BF1-F1904D7C9D02
6FEE9069-2297-4FB2-8E8C-D6B2DE1A5E29
0040B597-D1C6-4895-BAF0-4767699B86DE
7A4D005F-B659-4F04-91DD-EB0D14BD4446
6E42F625-85CF-447D-93EB-736F63D07E47

街のどこを映してもグッとくる。
「この国にいると神経が少しずつすり減る気がする…」と長女😅
あまりにも秩序がない建物が立ち並ぶ街や、クラクションを鳴らしまくりながら車間距離数ミリを猛スピードで走る車やノーヘルメット+3人乗りバイクは、見ているだけで疲れてしまうらしい。
日本ではありえない事が、ウズベキスタン以上にエジプトには沢山あり、びっくりするしドキドキする。

でも、日本がいかに秩序ある国かを実感するのも
ピラミッドが砂漠ではなく街中にある事を知るのも
エジプトに来ないと分からなかった。

子供たちが旅した国は今まで23カ国。
今回みたいにダブっている国もあるから海外旅行は30回近くしてるけど、それでもまだ世界の20%にも達してない。世界は本当に広い!

旅は綺麗なものだけでなく
貧しい人々。
生きるために働く小さな子供たち。
不衛生な家。
そういうのも否応無しに目に入る。
知ることが大事で見る事が大事。
そこから気づく事がある。

日本人に生まれて衛生的な場所に住み、義務教育を受け、食べる事に困っていない自分たちの恵まれた環境に気付き、感謝し、そしてその上でそんな自分たちが出来る事を考えて欲しい。
「我が家は受験生の子を持つ親の自覚が無さすぎる」と長女に怒られるけど💦
でも、あえてこの時期に「何故自分が勉強するのか」「受験はなんのためにするのか」を考えるための良いきっかけになるのでは?😀
…なんて言いつつ、まあ…受験生の親の自覚ないよね(笑)たしかに(笑)
ごめんね・ω≦) テヘペロ
帰国したら勉強頑張ってー!(無責任)

ホテルに戻って少し休憩し、そのあと再び観光へ。
アレクサンドリアの国立図書館がすごい!と聞いたから行ってみたら、金曜日は休みだった😭
外観だけ撮影。
6317ADA1-8585-4937-8424-2994839BD10A

コームッシュアーファのカタコンベへ。
地下共同墓地で、階段を下った先にはまるでドラクエの宝とかがありそうな場所が。まあ、実際にあるのは人の遺体だったんだけど。
なかなか見応えある場所でした。
6CA9C6BE-18E8-4D53-BC5F-E206401F3982
D0C357ED-951E-480E-A61D-E1848A0A961B
21ABE3D5-116B-4AC9-ACFC-EB3E98C12D1F
49C353E1-611D-4188-8594-AA7AD0CBDCBC
607AC4E9-CC47-46FE-9E55-04423F45D2B2

いや、おしっこ噴射している絵じゃないからwww
C4871B9A-7817-4D71-B748-4D7E6D05D86C
0A50448B-056A-468E-96EB-F27F8258478B

カタボンベ近くの景色。
D699C147-756E-4A55-9BB0-035CD3E24181
 
パラボラアンテナ!!
8D123BCE-AFCE-4498-8BCD-8A44ACD50B4D
 

今にも真っ二つになりそうな家。
4A8741C9-F3FC-4179-A401-6D41A315AAB7



その後近くにあるポンペイの柱へ。
プトレマイオス朝時代にあった神殿の柱らしいです。
日差しが強くて暑くて。
娘たち少しバテ気味。
85E3160C-58FA-42AC-8DAE-ED3A377AC25F
7BEA7E98-1370-49CE-A367-D51BF6B6031A
A5045444-06C9-45EB-A093-3270657F6CBB
B7A7965F-79BE-4734-98D7-12C2094B8FB0
7F21A2BF-0BBA-4E33-BB5D-21C47637F7CE

市内を移動する際は、路面電車を利用。
まるで化石みたいな車体が、現役で走ってます!
あまりにもボロくて、娘たちは乗るのを拒否したけど、無理矢理乗せた😅
EF565BC2-2923-4100-B5C2-CF75D816F30D
C9B10296-502A-4109-BE47-08098DF355B1
634E0ABB-4483-48F8-A9D9-1E1076AFF4C6

車内から見える景色も、何もかもが、なんだかザワザワくる景色。
新と旧がこんがらがっているというか、時空間が歪んでいるような。
エジプトというのはそんな国。
気を抜くと何かに飲み込まれそうになります。
6211788E-4A87-462D-9CEB-761938BA2AA2
0BD9A2AD-5F86-4252-9109-D79CB7DE912A
205073ED-0ADD-4C47-B5AA-63A239756285
C774B27C-FEA9-4B06-9EAE-18A4E7D97A79

お昼はStanley Bridge近くのマクドナルドへ。
エジプト限定バーガーが無くて残念。
そして、「エジプトで1番の高級料理はマクドナルドだ」と冗談で言われているみたいだけど、本当に値段は高くて、日本と同じくらいしました。
6D61CDB8-D424-4314-9D6C-126068D50556

そのあと、橋付近を散策。
橋は歩行者通行禁止のため外側から撮影。
B1D8D398-311A-40EC-95C5-8C2C2D872390
674B424D-71AA-4F47-AE1E-2ECC3A751E78

橋の下は海水浴場になっていて、ここも密!
水はそれほど綺麗ではない感じだけど、沢山の人が泳いでいました。
ちなみに、エジプトはウズベキスタン以上に密でノーマスクでした😅
093FE31C-EF1A-4554-87D0-1FDF0D96AB38
11B54B37-A4A8-455D-AEF0-BDCB7E5355B3

タクシーでホテルへ戻り、娘たちは疲れたから部屋でゆっくり。
私と旦那様はシャワーを浴びて、宿泊しているホテルの最上階にあるレストランでビール。
地中海眺めながらビール飲めるなんて!Paradise Inn Windsor Place Hotel 、良いホテルでした。
FB890B65-3AE6-4D53-922B-72652EE7B8E6
A7CEBCBB-A180-4617-9744-91CD493F13B3
9270EBC9-BEBD-4F8A-BDE3-026213B4056F

暮れゆく夕陽を眺めながらデコの受験の事とか、帰国後の事とかを話す。
E7A857B1-5F4E-489B-A071-ACA090A820F2

で、夜に娘たちも合流して、軽食をとりながら、家族でいっぱいお話ししました。
もうすぐパパ不在の単身赴任生活だけど。
でも、この二年間、家族で濃厚すぎるほどの素晴らしい時間を過ごすことが出来たと、しみじみ思う。
我ながら良い家族だなーと。
旦那も娘たちも大好きです。
この幸せな時間がいつまでも続きますように。
そう願った夜でした。

カイロを離れて、アレクサンドリアにタクシーで移動。
こちらは9年前の旅では来なかった街なので初めて!

宿泊先は老舗Paradise Inn Windsor Place Hotel 。
宮殿みたいなロビーにテンション上がる!
65C1C803-F5F3-4B59-9256-D6F98BD312A9
2BE7DA8D-3676-40E8-BF27-F89C8378C306

エレベーターがレトロで可愛い!(乗りにくいけど、、、)
57677503-7387-420E-83BD-00CCDE7E49F0

そして、窓を開けると、目の前には地中海!!
気持ちいい!
8C7BCB06-6427-452E-AD47-97886F642813
 
BC179EDC-C1CE-4CC2-8911-69C95BBF213D

娘たちは隣の部屋。
0715A5F1-C6DD-459E-9E1E-D263179749D0

荷物を置いて少し休憩したら、お昼を食べがてら街へ。
海沿いだからか、カイロと比べるとリゾート地っぽい雰囲気の街並み。
4B08F6F0-2694-4D2E-A01A-BAFE26893432
835EE68C-E8CC-4A59-AE4C-8D79C9C26DB6
2B2C7733-C191-4354-BB36-B0B580801D28
EE9ED622-6B57-4F76-9567-3A3149524442

お昼は、エジプトの国民食、コシャリ。
米やパスタやマカロニをヒヨコ豆などと一緒に炒めて、フライオニオンとトマトソースをかけた、いわゆるエジプト版そばめし。
クミンやシナモンなどの風味で、見た目に反してかなりあっさりした味。
シャッタという辛いソースとカルというお酢をお好みでかけて自分で味をアレンジするのもよし。
698A0F0C-F21A-48CD-BCA7-B58E8C05B952
957D242F-84AB-4AD9-A4F4-74F5B2BBB569
33827ADF-D5D6-46E8-BDA8-4A15D60DBB05


お腹がいっぱいになったあとは、街中にあるローマ時代の遺跡を見に。
ところでこの季節、エジプトではこの赤い花が満開。
乾いた土色の街に、赤が映えて美しい。
66EB5502-0F39-4D2D-8EF4-0F2B6A742E97

遺跡もすごいけど、周りにある建物も、なんだか遺跡みたいで、、、。
63E8AF8B-08BB-4D5D-BD3E-EF6C3A5A013A
F7FFA40B-1649-4C2F-BDDB-FCBE975317A8
53CA8FF6-2F7C-49A6-8221-A9DA3533F781
EF01A38C-2666-451B-9589-07CD5E29DD33

不思議だったのは、遺跡の周りがカタツムリだらけだったこと。
こんなに暑くて乾燥しているのに、何故!?
一匹つまんで見てみましたが、中は渇いてかっらぽ。
おそらくほとんどが死骸でした💦
E27B5763-EEFF-4D61-90BA-F351991E571E

その後はタクシーに乗って、カーイト•ベイの要塞へ。
クセが強いエジプトのタクシーwww
0B11E199-566F-4D72-BB8D-9737D0D9B3A2

カーイトベイの要塞の周りは、貝殻のお土産屋さんがたくさん。
貝殻沢山ありすぎて、もはや売り物なんだかゴミなんだか😅
74BE08CF-9592-4DA5-A320-6E781347CFB4
4884E3CB-40B7-42D5-9348-A04F0EC2A258
82CCAF3B-38A1-4DEA-A038-156CF72A418C
DA9B3F2E-BB79-4167-8187-697BB6D8862B
F5D1EDBC-8FAD-43E5-BC1D-02FDC6CC2734


要塞の中は結構広い。
迷路みたいに道が続いていました。
時々要塞の穴から見える海が、絵画のよう。
A5A595D5-B21D-450F-955F-D5761AAB5F2C
EF13642C-7610-4944-B9C4-B95FFD01C28A
FC1AC325-2F35-4DA6-AA12-FEB88A327793
997FC471-E76D-4741-8CCE-8486C154AEB5
4911A4DE-1891-4DF3-AFE7-F17E2B8659BA

喉が渇いたので、要塞のすぐ近くのカフェでお茶。
エジプトのレモンミントジュースは、どこで飲んでも美味しかったです!!
2EBF66DE-9C3E-451D-B7D3-B9F1ABF7AD14

景色が良い!
3762D5FA-C51D-4BB9-B346-955314927382
AC521B9F-8885-47D9-9E29-76B67812B4FD

そこからは歩いてホテルまで帰る。
03135050-BCC8-45A7-82DA-E3015B79128F
839E16A3-87A7-44F5-BBAB-254A7D12C2FB
A32FF2C8-2ED8-43CC-9199-5907BF7E236A

エジプトではアジア人が珍しい?のか、歩いているだけでみんなが一緒に写真を撮ろうと寄ってくる。
そういえば、9年前もそうだった。でもあの時は娘が小さかったからだと思ってた。
イスラムの国の人達は子供大好きな人が多いから。
でも、大人になっても同じなのね。
知らないアジア人と写真を撮る感覚が、よくわからないけど。
なんにせよ、タシエはトルコに住んでいた時を彷彿とさせるモテっぷりでした。
デコは恥ずかしがって断固拒否😅
C7939E60-02C0-469A-8AA7-6BF07A66F8E8
E5923CAA-36AB-4AB2-B05C-31C11A6EFC71
04D0CB2A-3CBA-406D-A679-065B244648DD
BB7CB2F9-D438-413D-959E-2261250EA3AD

地中海で海水浴をする人達。
すっごい密!(笑)
BB4248A6-DA06-49D2-A636-306E849D7532
ECF7D982-ABA6-4CC2-B244-7F0F79122DC2

少しホテルで休み、ゆっくりと陽が落ちる様を部屋から眺める。
そして、夕飯を食べるために外へ。

美しい夕暮れの景色。
ED550196-B92A-44F8-8A95-A761FFC32FB3
4ABD6F47-7ECB-4070-AC80-AC29ECC7EF3B
5C074EE4-8FCD-4BAA-8651-ECB1E036D75E
3E15F146-14D3-4048-B411-58E80C10121E

夕飯は、フィッシュマーケット。
好きな魚を選んで調理してもらえます。
D696E654-B5A7-4722-972C-0BB9C273D2C7
E7FC0FF2-3EF1-4FFA-B9DE-7E5E02CC57D5
C647C628-AA40-4784-964C-2A94F1EBD436
FC014660-4484-43EB-A584-413010E534FB
9FD67B38-7C59-41A4-A893-A6E2615FA1CE
F30F23B6-68C2-4A75-9779-84302D171ADF
22C930E9-B0E2-4AD4-9D22-677C6A3386B5

シーフードスープも
イカのグラタンのような料理も
二種類の魚フライもとてもおいしい。
ただ!!!ものすっごく残念なことに、ここお酒がありません😢


この日はスエズ運河を観に。West&Middle Delta Busから、スエズ行きのバスに乗りスエズへ。
だいたいバスで二時間半ほど。カイロを出るまでが渋滞で時間がかかった。
でも行きのバスはクーラーが効いていて快適。
C37BB4DF-FDF3-45FD-AE98-4D03474AE030
5FB7A4D8-A6D0-455F-AB4C-D1718089AD35
5315ABAB-27BC-4F0A-9657-5975C325B0CB
ADEE7B05-9547-4E53-B4AA-585951A2D819

外の景色を見ているのも楽しかった。
パラボラアンテナがいっぱいも建物がエジプトには多い。
FB313AC1-8C45-4051-833A-866FCFA2C167
345B19BF-93A3-413E-AEF3-EBDFDDB6F931


狭い運河を行き交う船を近くで観る予定が、運河沿いは軍が見張っていて撮影禁止。
遠くから巨大なコンテナ船が運河を通っているのを眺めるだけ😅

船の頭がちょっとだけ見える。
75ECA27B-13BE-472B-8CDE-5FB76D384330

コンテナ船が移動している
 

3184F4A4-71C1-4BA9-BA39-7F8E5960A8A2
4FE842CE-2944-410D-962E-9EDC07098C2C

運河を見ながらお洒落なカフェでお茶でもする予定が、カフェも無し。
結局こんな景色を見ながら、チキンバーガーを食べました。
8C27622C-B537-44F9-A9CD-B32356F8F292
4A1A6158-08E6-4991-B21A-6CA8E507594D

そして、帰りのバスはエアコンが効かないボロいバスの上、何もない道でバスが故障。
6A5EA796-7A96-4382-BCF2-C2106C515DE3
46148970-7E62-4F4E-99E2-7490F68C1810
7DE007EE-9EBA-40A2-9DA8-90E1373AA336

我が家の旅はいつも、良い事悪い事を含め、ツアー旅行では味わえない体験ばかり。
こういう旅ができるのも旦那のおかげだわ。
私一人じゃ怖くて無理💦
でも、バスは早く動いてほしい…
結局一時間ほどで助けのバスが来たものの、カイロ市内に着いたのは夜19時近く。
しかも最終地点のターミナルではなく、途中の道で降ろされる。
大渋滞だし、全ての車が全力でクラクション鳴らしてるし、道の真ん中で衝突しあった車のドライバーが喧嘩してるしで、もうカオス😂
1188FFE6-D070-4D3C-BFD2-CEAE53756C41
D747B126-50A9-4906-A16D-D54879004066

ここから先は車移動は無理だと諦め、地下鉄移動。
E852767A-811B-416B-BC42-A8F9AD6D3316

エジプトの地下鉄は、入る前に荷物チェック。
そして、女性車両と断然車両に分かれています。女性車両には男性は絶対入ってはいけない感じだけど、男性車両に女性が入るのは良いみたい。

エジプトは私的にとても興味深い国だけど、ビールを飲める店が少ないのがとてつもなくマイナスポイント💦私たちが泊まっているホテルもアルコール禁止。
なのでホテルに帰る前に外資のホテルへビールを飲みに。
二日ぶりのビール!しかもカラカラの喉にビール!最高!!
B01475C3-8962-454B-8489-C6FCBEA68B26

でも
そこから宿泊先のホテルに向かう途中、今度はタクシーが故障…
呪い?

このページのトップヘ