ウズベキスタンへ飛んじゃった

2019年8月に旦那様の仕事の都合でウズベキスタンへお引越し。タシケント在住。英語もロシア語もウズベク語も喋れないけど、魅力いっぱいのこの国で毎日楽しく暮らしています。

カテゴリ: 旅行

★旅の細々とした気づきその1
シャフリシャブズはマクドナルドへの憧れが強い(笑)
私見だが
コーカンド→KFC憧れ✨
シャフリシャブズ→マクドナルド憧れ✨
タシケント→スターバックス憧れ✨※最近はIKEAも(笑)
3A4E391E-C211-45F3-8AA8-3792DDC35C39
26083099-79F8-49BF-AFFC-083944635DC5
A6F99583-2395-4A70-9473-9E8ACA2B8156


★旅の細々とした気づきその2
ヒヴァの車のリアガラスの落書き率が高い🤣
汚れたリアガラスに広告とか書いてるケースも(笑)
F7AAB118-E547-48ED-98CE-C26979714AB3
06B95442-2074-4DBC-8937-A1C4CBBC3F94
BFE40467-165A-4B18-8412-4F0CB85AF889


★旅の細々とした気づきその3
ウズベキスタンのおばちゃん達は年を重ねるごとに派手になる。田舎では特にその傾向が強い。良き✨可愛い。

 4D4198BE-C1F0-492A-9EDB-C68DDEA9993B61624E44-8D10-4629-B52E-7783D466B98C
480A3C0C-D920-4A09-9324-7999856319BF

旅行最後の日はカラ巡り。

アムダリヤ川の周りにはかつて古代ホレズム文化が栄えていました。
1940年代に、川の下流に数百キロにわたって点在する多数の都城跡(カラ)が発見されました。
ホレズム帝国がいかに巨大だったかがわかります。

今回、車をチャーターしていくつかのカラを巡りました。
ちなみにこれらは事前にツアーを予約しておかなくても、ヒヴァのホテルやウルゲンチの駅周辺やカラカルパクスタン周辺で現地のツアー会社ysホテルに相談すればすぐに手配可能です。

完全インドア派万年運動不足の娘たちは、ヒヴァのミナレットに登った後遺症の筋肉痛が酷くて、ヒーヒー言いながらのカラ巡りwww
「もう、粘土は見飽きた」とwww
この雄大すぎる景色も、娘たちには見飽きた景色なようで、、、。
なんとも勿体ない。
DA1C03FA-F2C8-45CB-B51D-AB26038DE3EA
F195AD65-DDCE-45C3-94BB-2D4AE8BC2D2F
 

最初に行ったのはアヤズカラ。
車が停められる場所からカラまでが遠く、結構歩きました。
カラの近くにはユルタも。
D5EB525E-313C-4459-A12B-F44A8DF28897
8DD21144-1AEC-4E6C-8438-726A3319FE07
FD3FF784-C618-49A5-B02E-AD32BC99FFDC

ここは2つの都城跡の小山がありますが、小さいカラの方は通行止めになっていて、さらに歩かないと側まで行けません。
かつてこの小山は橋で繋がれていたそうです。
A42F99F7-9031-41A3-B920-42CE6F9AA00B
38363461-564B-444B-9051-56101F39B0AE
3787DAAD-A39F-4545-9B4A-EDB65DC79C3F
CCA0229A-CDAE-4BDD-BED8-DFEBCB00AD4D
671C95C8-17C4-441E-B98B-DBE0228557CC

とても大きなカラでした。
そのあとは、、、
え?ここはどのカラだっけ?(笑)

正直、カラはそれぞれ実際の目で見るとものすごい雄大で迫力があります。
が、写真で撮ると、みんな同じ景色なのですwww
8ED67613-9BD7-471E-AC57-4301FEC7D956

ウズベキスタンには手付かずの遺跡が沢山ある。
歴史的はかなり貴重なはず。
なのに、その上を野生(なのか?)の羊が歩き回り、糞をし…。手付かずにも程がある🤣
カラの中には、何やら模様が入った陶器のかけらが沢山
これって遺跡じゃないの??
こんなにゴロゴロしてていいものなの?ってくらい色々あります。
A548E6AA-53B6-440C-9847-260737D20956
475120AD-C5B4-4FFD-BDF2-52FF7C68C5BE

写真に写っている赤っぽいやつは全て陶器の欠片です。

カラ巡りの途中で、アクチャコル湖へ寄り道。
あまりの寒さで凍っていました。
こんなに見事に凍っている湖を見たのは初めて!
なんとも幻想的でした。
 
59F63607-B1CF-4B5E-8BDB-833454CB5CD5
1F3AF9E4-E8B1-4317-A765-0441BA722C00
F29F224F-3B73-4001-BDDA-3C3AC156293C
DA1E9BDB-FA50-49E6-A7BD-2D21E0607619

その後トプラク•カラへ。
こちらは、珍しくちゃんと階段があり、少し整備されていました。
紀元前1世紀ないし紀元後5世紀のホレズム帝国のシャー•ウシュ朝が築いた首都とされています。
階段が結構長くて急で、筋肉痛を患っている私と娘にはきつい道のりでした。
92D93017-026D-4A02-8774-FB5B024203AB
AE0DA81E-CC12-4563-8487-C2F4485E3727
98A4B15C-2F7F-4A96-90AB-9F559E58DB1D

なんか、他にも色々カラを巡り、どれもとても良かったんだけど、後から写真を見返したら、本当にどの写真がどのカラだか分からん、、、。
申し訳ないくらい考古学的センスがない私💦
7BE4B2A1-C0FE-4E1C-BB05-F3F7DCCB88BE
DA05983B-148E-4C00-91D6-1C594C2A04A4

そんな私が言っても説得力ないかもしれないけど、カラ巡りは浪漫を感じました。
観光客が全然いなかったせいかもしれないけれど、なんというか、過去と現在の時空の狭間に放り込まれたような、そんな感じがしました。

寝台列車でウルゲンチに到着したのは朝の6時ちょっと過ぎ。まだ日が出ていなくて外は暗い。
そこから車で30分ほど走り、ヒヴァまで。
619B2399-12B3-4EB1-8F7A-FD8DC3137BA0
F9519D56-4FC3-48D9-A4A5-4A4C90C5CC8B
 
前回来た時は、ちょうどウズベキスタンで最初のコロナ患者が出た日で、旦那様は旅行途中で対策のため急遽タシケントへ戻ることになり、母子だけで観光したので、旦那様は初のヒヴァ。
私と次女は2回目。長女は学校の合宿でも来たから3回目!
3回ヒヴァに観光しに来た日本人ってそうはいないと思うwww

ホテルに着いた時もまだ日が出る前だったから子供たちは二度寝。旦那様が煙草吸いがてら朝焼けを撮影に。
私も行こうかな、と思ったけど、あまりの寒さに断念。
7B37421A-B562-402A-8F7B-DB0A0ECEB968
D7CD986F-27CE-408D-8CDA-EDFC97CCE703
79A28A20-CBB1-46E6-9354-1E69D1D59586

10時過ぎに二度寝から目覚め、遅い朝ごはんを食べに近くのカフェへ。
マスタヴァというスープを。
寒いからあったかい物がホッとします。
C85AFEA9-2D3E-4D6F-A751-2A39D1894610
 

その後、イチャンカラを観光。
前回はコロナの報道があった直後だったから、お土産屋も有料の施設も全部閉まってて、私たちは誰もいないイチャンカラの中をブラブラと歩いていただけ。でも、こんな人のいないイチャンカラはおそらくとても珍しい事だと思うので、写真を撮りまくりました、
なので、今回はヒヴァに初めてきた旦那様のメインの写真が多い。
35B090DE-2742-44F2-8DB3-7F78FB9625C2
0D19D6AD-4FEB-4458-A0EE-B7D3F443CC9D
749106F2-AD22-494B-9929-1D8D57C79D2D
A283CB1D-658A-45B7-8964-40C245FFB911
C8433278-0869-4519-93AE-0DAB46A13C2A
0660CCF8-D23D-4F91-AE8A-7B8C8B518AE5
359F5139-6346-47D0-8081-E29E23C7AAF4
88B4EC47-AC55-4EF3-843B-F0FFA684C6E4
3A4AE4BA-5B52-445A-A5DD-048F95C5C8AB
E3A7E064-F3EE-4B66-AC05-74BD46E8128F

ミナレットに登ってみました。
狭くて急な階段なのに、あまり何も考えずに受付の人が人を入れるから、すれ違う時が怖い。
626FF337-A4CC-4DCA-9A66-3360F316CB8E

487D7FEA-F542-4F9F-AD2C-23C3ACA23C9C
 
ゼーゼー言いながら登ったけど、その甲斐あり、上からはイチャンカラを見渡せました。
1969年に全体が「博物館都市」に指定され、1990年みはユネスコ世界文化遺産に登録されただけあり、アラジンか何かの映画のセットみたいに洗練された美しさです。
6566157A-7E7E-4EC7-9A01-85DE46517996
C62164CA-CD3C-400A-B95A-C24D2AF47674
6E513A1E-2503-4160-972B-74DAFFF82265
83250704-36F9-4FF2-ABB7-09C398E71499

さてこのミナレット、降りる時は登る時よりも怖い。
さらに登りで疲れた足が、生まれたての子鹿のようにプルプルし始めたwww
912E9314-8927-4AFF-9635-DF3C4A113916


外壁の外も遥か昔のシルクロードを思わせる道。
そして、いつも思うけどうちの旦那はつくづくこういう背景が似合う。
E9CFF80B-E817-4662-A178-030C122936AD

やはり観光客は少ないけど、お土産屋さんは結構開いていました。
こちら、チョギルマという羊の羊毛を使ったんだヒヴァの名産の帽子。
私も持っていますが、被るとアフロヘアみたいになり、なかなか可愛い。
てっきり冬の寒さをしのぐための物だと思っていましたが、実はヒヴァが属しているホレズム州は「太陽も国」と言われ、年間300日以上は雲一つ出ない過酷な国で、夏は灼熱地獄です。
その強い日差しから頭を守るためも帽子なんだそうです。
ちょっと羊臭かったりもしますが、お洒落上級者ならハイセンスに着こなせそう✨
65B1A3D8-D76D-48CA-9BEC-3914A91EC647
0E970C3B-7AFC-484C-92FB-9B5F7E6ED4B3

前回見れなかったジュマモスクにも。
柱が立ち並ぶ空間に、上から光が注ぎ込み、なんだかとても神秘的。
647B61E6-B412-4E61-9686-6D561A900F01
6FC8D70A-1425-4A7B-827A-2484E8A181AF

こちらはパルヴァン•ダルヴァザ。別名奴隷の門。
約3世紀にわたってヒヴァにはアジア随一の奴隷市場がある町として知られてきました。
かつてここでは鎖に繋がれた奴隷たちが売買されていた場所なのだそう。
5662A0E9-6A2D-4AAE-B075-F6498DBD3D8B

カルタミノルが美しい。
でも実はこれは作り途中なのです。
ムハンマド•アミン•ハンが109メートルの、ミナレットを立てようとしたところ、頂上から街を見下ろされることを恐れたブハラのハンが職人を皆殺しにしてしまったという説があるらしい。
5081442A-0D26-418A-A9A0-6A5C0F32F0E6
002903D7-ECBD-41F3-8A65-3121BA8656B6

奴隷の門といい、この話といい、実はイチャンカラってなかなか物騒な歴史がある町みたいです。

イチャンカラは城壁に囲まれた小さな街なので、観光は半日で充分。
この日は満足いくまで観光し尽くし、早めにホテルへ。

夜はホテルが紹介してくれたレストランへ。
お酒も飲めるし、シャシリクの盛り合わせも美味しくて、気に入りました。
11E2DBFB-0794-4812-AAD8-C0EA9FF097C7
E1D00011-F0DE-4CA8-B326-EA53278C2008
 
ヒヴァでしか食べられないシビット•オシュも堪能しました。
香草が練り込んだ麺に、トマト肉じゃがとヨーグルトをかけたような料理。
香草の爽やかな香りが、熱い国ヒヴァにはよく似合います。
もっともこの日は冬でしかもめちゃくちゃ寒かったですが、、、。
A141F29A-2082-4D6D-A4F3-7D1E0CABB0BB

どのくらい寒いかというと、洗濯物がもれなく凍るくらいです(笑)
D07428DB-8F73-42A6-8204-6CC9E1E3CCCB
0E2226C7-4CD2-4C95-BAB8-3702024A1C88

この日の観光はこんな感じで終了しました。


お正月。

明けましておめでとうございます!

今年はサマルカンドにて年越し。
二度目のサマルカンド。なので今回の滞在は旅の中間日としてホテルでゆっくり過ごすことが目的。
サマルカンドの主な観光地はこの旅行記には出てきません。あしからず。

この日も、子供たちがちょっと旅に疲れてきているみたいだし、お正月でお店やカフェもほぼ閉店状態だから、午前中はホテルでゆっくり二度寝し、午後から年賀状LINE用の家族写真を撮りにシャヒーズインダ廟へ。
2019年夏に来た時は観光客でごった返していたのに、今日は誰もいない…
22297D10-EEA4-4835-8CD9-03E77414B156
D066434B-CEBB-41D2-BAD4-E59C9178D871
97925CB5-7739-4216-A85F-123DB71E130E
D2F4B207-09E9-4003-AFCC-0230E7136CE7
 
ゆっくり写真撮れるからラッキー✨と思ったけど、人が居なさすぎて「すいません。写真撮ってくださいませんか?」と頼める人もいない🤣🤣
三脚も持っていないから自撮りを頑張っていたら、一軒だけ開いていたお土産屋さんのおじさんが撮ってくれました💦
なのに何も買わずにすいません💦
2878518C-E835-4F1F-8942-396620A51B8A


その後、前回の旅行で見損ねたウルグ・ベク天文台へ。ここは開いていました。良かったー。
こちらはチュパン•アタという丘の上にあります。
天文学者であったウルグベクが当時作った天文台の跡があります。
ウルグベクが推測した1年間という時間の誤差は、現在と1分にも満たず、当時でそれほどまでに正確な数値を割り出したのは本当にすごいこと。
7C3C0FE1-9672-43C0-B5E6-37E3BE5275D5
686CF1E0-9771-441D-8B28-81E595133677


シャヒーズインダから天文台まで運動がてら歩いて行きましたが、道のりの道路沿いの崖に、塞がれている洞窟が沢山。
「ねぇ、あの奥には何があるんだろ?昔、山賊とかが隠したお宝とかがありそうじゃない?」と見に行く私に「ウズ子は発想が五歳児だよね」と笑う家族。
だってこういうの見ると気になるじゃない💦
でも後から聞いたところによると、あの洞窟はすべて昔のお墓だったみたいです。
0C768276-A23D-42C5-BAE7-BE9C8B06938A

天文台を見た時にはもう15時。そして、そこまでの道のりに開いているレストランは見つけられず…。
今日も最悪ポテトチップとウズベク製カップ麺で飢えをしのぐ覚悟をしていたら、ホテルのスタッフが開いているレストランを見つけてくださいました!
ちょっと郊外ですが、T.Boneというレストラン!
年末年始にサマルカンドにいらした時はここを頼ってください!
そして、なんとそのレストランはケバブだけしか無いレストランではなく、パスタがありました😭😭
やっと野菜とケバブ意外のご飯が食べれた😭
DDE5F6FE-6EB1-48EC-B319-1627E40A9805
 
食事の後はホテル近くのst.Alexius Metropolitan of Moscowというロシア正教会を見学。
子犬がいて暫し戯れました😍
68AABA91-9E28-4C38-93CF-F4DDFB6A7B78
63B09168-DB85-4AEF-9654-D2B110433D38
F6F0513E-426A-4ED4-A4F1-85E26E41A292
7AC80685-16C0-4C66-9183-917049AA8E25

しかし、教会の中のクリスマスツリー。人形を飾ればいいってもんじゃないwww
 D8E2F6DE-E80F-4375-B9E9-542780FF8E6F

その後はホテルに戻り、今もビール飲みながらダラダラ。子供と大人は別室だからお互い気楽で良い。

翌日は朝に、Imam Al Bukhoriyの霊廟へ。
ここは参道に屋台というかバザールが並び、少し賑わっていました。
B79CD483-F248-4100-B9C4-A6FCF0E266ED
 
ここの霊廟、サマルカンドの中でも1、2を争う美しい細工だと思います。
あまりガイドブックには載っていないですが、時間がある方は一見の価値ありな場所です。
64DDD97A-29EC-4F99-A84E-2B48C01AAD34
ADE0AE29-F8F0-49F9-9F6D-C20061B77D60
27D68B2A-4542-4CCF-B4E3-1BB7A34F1B14
556DA692-9FF1-40BF-A59C-E1381AC8335F
7AF5C96C-0E9F-4F30-8DE9-4ECB136DFE4C
7F2F134C-BBE0-419B-9566-E4B1F9DE304E
C653302A-5825-4026-85B2-99C6A9A0B266
B4DABD9F-D7D5-40B7-A983-65F349C4F0B6

その後、フラム•ポクロヴァプレスヴャトイ•ボゴロジツィ•プリ•タシュケンツコム•カデツコム•コルプセというなんとも長ったらしい名前の教会を見学。絵が沢山飾ってある可愛い教会で、その絵の多くがビーズ画!美しい。
144DB137-4D8F-4E23-80EC-91F1EB403CD6
4C263771-9BFD-4239-822F-CC01F26B6E3F
FD1A3319-B991-441F-9153-E45E6B0F7667
4643C5AD-B944-4372-BF45-3ECB796B9C77
755773D1-820B-4F51-BF80-63068D0C6937
8B00997D-B215-4A4F-81A3-89B434F8DA51
0ECBEDCA-FE61-42B5-81D6-191C88F8DB0A
BABE74D2-1F26-4356-A91C-239AF4F46484

お昼は、近くの韓国料理屋で。
元旦はどの店も閉まっていましたが、2日は開いている店が多く、命拾いしました。
久しぶりの韓国料理。日本食ではないけど、それでも白いご飯にホッとしました。
38FCF14D-2C68-4216-AEF5-3DEFCD997AD7
884C9709-101B-4884-89BE-02428191E4B2

その後、車でコニギルというサマルカンドペーパーの工房へ。
サマルカンドに唐から紙すきの技術が伝わったのは751年。
その後、サマルカンドの紙は「スルタンペーパー(王の紙)」と呼ばれて高い品質を誇っていました。
しかしその技術は19世紀半ばに一度停止。
それを1998年から技術復活に向け再び紙作りが行われるように。
今は、観光地の一つとして、綺麗に整備されたエリアになっていて、紙すきの体験も可能です。
D3B73844-82F3-446E-B7C8-77D33E7F85A7
8D93D42D-100E-48ED-BF4E-AAE9D08F73F7
3BDEC077-B092-4D8A-A6A5-B3DE163533C4
7444A7DC-D9DA-4B7A-8BAB-D00EA333FE51
34880C78-E498-4B4B-946B-FB84659FE915
9B402049-9F1A-43BE-B93C-231014B01CBD
ED65513D-C4A7-4E42-9CA6-D88713D054A3

タクシーを待つ間、紙すき工房横のパン屋にて待たせて貰ったのですが、そこで撮った写真がお気に入り。
3E815C2B-4E3F-406B-8EC9-686975934546


その後車でウルグットバザールへ。だけどスザニエリア他半分閉まってて残念💦
冬だしコロナだし観光客いないから仕方ないよね。
27E37A85-9A0C-4AF9-A304-7F57CEFB8913
D6270C4E-E307-4E58-A77D-B6E9AFBA66F4

でもバザールはやっぱり大好きな場所。
特に生地売り場や絨毯売り場が好き。
色が飛び込んでくる。色の風を浴びてブワッと毛穴が開く感じ。
72BDA0DE-B1CF-479E-9FFD-13ACAC3FEBCD
2515D528-D453-4F28-970F-74193EAE448B
14FA4356-CC29-424B-8A25-B32945A1E497
839CB58A-6763-4333-AA94-9D0393E8E037
 
ウルグットバザールへはタクシーで。
帰りもタクシーには困りません。
バザールには常に客引きのタクシーの運転手さんがいます。
値段交渉中の旦那。
6BCD5084-255C-45C3-BB6F-11DABAF28674

ウルグットに行く途中に見つけたサマルカンドでひたすら目立つ建物。
高い建物が周りに無いため、これだけがニョキっと突っ立ってる。見かけもなんだか個性的。
タクシーの運転手にあれはなんの建物かと聞いたら、なんと個人宅らしい😳😳
これ、上の部分どうなってるの?
建築基準的に大丈夫なのかな?
あとで地元の方に聞いて知ったのだけど、ここは「サマルカンドのサグラダ・ファミリア」と呼ばれている建物らしい!
サマルカンドで時間を持て余した時には見に行くのもアリな場所。
EDB48F51-406F-4818-816A-02EAB65506BB
C4647797-9860-46EE-B6CC-288DB088AE92
1EE74024-9F86-41F1-BFD3-021A857379DA

そしてここも私的サマルカンドの好きな場所。
サッカー競技場近くにある交差点のモザイクアート。
この写真が撮りたくて、わざわざタクシーで向かいました。
 515504B4-688A-4BCE-A3FB-D8E97B6E609E
C93DFD4D-3D28-4640-A982-DE0B90C50406
64ADE863-367B-4585-ACAD-B73B0C04C136
086E5A44-0551-48EF-A9BF-E2346A11B78B
B1FBADBE-9444-43C4-AA23-F77ED01063E9
43624BCC-0E62-464E-B8D8-C91D65061439
7F11BE4C-472E-4111-B227-6E637CFF3C65
1E82B87B-217E-4221-BA3B-65ED3E4D6671
31FD3C2A-22E7-4A8A-A8C0-0B9219BCBA15

 
「ここで降ろして」と運転手さんに言ったら「何故こんな何にも無い場所で?」って顔された😅
でも、このモザイク画、凄くない?作者や制作年を知りたい。

その後、ジョブバザールへ。
やはりここも半分閉まってました。
60A01B47-7000-4B3A-8B34-49E4BC9B88ED
0587623A-10BF-4D1B-A959-BD46DACA7040
 
私と娘はここでトイレ休憩。
私見だが、辺境の地へ海外旅行に向いてる人、向いてない人を見極める一つの要素として、「どんな場所でも用を足せる」というのがある。
例えばここのトイレは、ドアは個別にあるけど、中に入ったら一つの部屋に穴だけ空いてるトイレが5つ(笑)(笑)娘と知らないおばあちゃんと尻を並べて用を足す🤣
でも、このトイレはチップ制のトイレだからまだマシな方。と、いうか、トイレがあるだけマシ。
CEDAFE35-69F2-4C39-9D4A-E6347EC234DD
90F0A07D-F725-4620-BE67-5BE92712A1E2

そんなこんなで、サマルカンドの旅は終了。
夕方、駅に向かう。
この日は再び寝台列車に乗り、ウルゲンチへ向かうもである。

サマルカンドの駅に向かう途中Beruni通り沿いの柄アパート。
タクシーで駅に向かう途中で見つけてしまったため、一旦駅に着いたものの、どうしても撮影したくて家族を置いて走って戻り撮影。
で、撮影に夢中になり電車の時間に間に合わないと思った私はタクシー捕まえて再び駅へ😅
今回のサマルカンド旅行、本当にマイナーな場所しか紹介してない…。
90404BB9-9AE2-4FCB-BBF3-3E465514A479
67CDEC5C-B246-4390-A343-B6005AFCE19B
C7B816B8-D729-4643-91CE-86F27A2F8927
438DF982-B32E-4F31-AF2B-B93E78462560
A9C83416-85E7-425B-A0BB-FBEE80B94AB1
F455AD13-80BD-4B65-BB0A-EA7505B92EBF
EBE2A83C-9142-4F97-9804-FFE88E9DC88B
AC4EAF43-1931-4DA3-AE18-B6AE6DC1F13C
785E479A-9B35-46DC-94A1-FE7487684E1D
847B8CAB-6DD7-4202-8D22-65CA6D37EFA9
6EAD4629-138C-4EDF-8B1E-44E67CF6F2C9
9F74B979-76AB-4F94-83FD-8C714C0EB509

ちなみにトラムの写真もこの辺りで撮影出来るので、トラムファンは是非撮影しましょう!
67416205-5D63-4614-A7B1-771B4A2AEF88
9C334048-AADA-4187-81E6-43A82DC3735E

そしてそして、サマルカンドの駅もこれまた素晴らしい!
ステンドグラスがあり、まるで教会のような荘厳さ。そして重厚感。好き!!
E5F43439-F379-4B88-BB98-850C0FDBEB81
04DD3463-4EBF-45C9-9957-9B77EF531F0A
6621603F-EF84-4E4F-90DC-080B4A493FE0
6CE15E2F-A1D4-4256-B298-DA9BA12AF7FE
7F27E099-EB6E-4D61-A161-8822885B65B1



さて、寝台列車。
今回は2等車両。
二段ベッド楽しい!!
3A67A6E8-67EB-462F-9B4A-70992135FA47
 

シャフリサブズは小さな町だし、観光地はかつて城壁に囲まれていた町の中心部に固まっていたので前日にほぼ見尽くしてしまった。
そのため、朝はゆっくり起きて、ホテルの周りをウロウロ。
ホテルの比較的近くに新しめの大きなモスクが見えたので行ってみた。
8E6C14F7-3442-4424-A2CB-AF9E2B099D3B
527A657E-6CF3-4188-9019-3D74AE393290
0AFD3743-923C-47A6-B392-1698F3BB07E6

またこのモスクの道向こうにあった、勾留されたポーランド人の墓地にも。
CB382F82-5613-41BD-AB7D-B2628FC8FEB2
2C6D9750-4CEA-43FE-927B-CF656ED6C123

そのあと、前日に見ていなかったものをいくつか。
68BEED5C-2B0C-4E72-8D10-A24A02F9A30D
675A79AF-67B0-4DB9-8C96-DD548C2B2DB9

こちらは、昔のハマム跡、
やはり野ざらしだし、人が上に乗るとすぐに崩れてしまう土レンガの遺跡にもかかわらず、放置な感じ。

 0F527FF9-9875-4C50-A5C6-2EB3C8E4812A61434D9C-DB54-4DFE-AB83-E8BE1DDD581E
8D57496B-22FD-40E0-95BC-C76342183E80

この日は大晦日。サマルカンドへ向かう前にお昼ご飯食べようとしたら、ケーキ屋と花屋しか空いてない…。
やっと見つけたバーガー屋さんに入ったら、バーガーは無いというから仕方なく四個だけ残っていたサムサを一人一個ずつ食べる。
大晦日はみんなケーキと花を買って家族や友人にプレゼントするのだろうか。
お店に入りきれないケーキは路上に出した机にむき出しのまま並べているけど、現在気温はマイナス5度くらい。
凍らないだろうか…
 E6EEABCE-F96B-403C-979C-55C855DAD09A48D50AF3-DCC4-4EF1-82FA-EDA67CF46F9B



大晦日だから、人々もお洒落して歩いている。
若い子たちも化粧をして着飾っていたけれど、ファンデーションがやけに黒いのが気になった。
流行りなのだろうか。
1A2A8279-0848-4024-862F-C5F748246677

そして私たちはサマルカンドに着いてからご飯を食べれるんだろうか…
大晦日、どのレストランも閉まっているのではなかろか…。ちなみに去年も北欧でやはりレストランにありつけず、マックでしのいだ😅
そんなことを思い出しながらサマルカンドへ。
こちらでチャーターした車、全てフロントガラス割れてるんだが😅

私たちはホテルでタクシーを手配してもらいましたが、キタブという場所周辺(GoogleマップだとKITOB SAYOHというホテルがあるあたり)に乗り合いタクシーがあります。

シャフリシャブズからサマルカンドに向かう途中のタフタカラチャ峠が絶景で、2020年の最後に良いものを見れたことに感謝✨
 DB9E755A-6509-4B78-AB19-793A5790FAF0

サマルカンドに到着。
ホテルはグランドサマルカンド。
私と旦那で1部屋。娘たちで1部屋を予約。
夫婦の部屋は大きな部屋にしてくれました。
2408D3BC-3C5F-4F69-86EC-1FEA2F98316E
3D657E26-6059-4D5D-AAED-477FBE3B33D2

A54ABAD4-A9D2-45C9-B857-E053F60724D8
CFCC3B66-C12F-43B6-9137-959965FEA1E9
B10A48DB-1980-4EB1-BA21-46CAFF3D00F1

内装や中庭には伝統的なスタイルが取り込まれていると「地球の歩き方」に書いてありました。が、グランドサマルカンドホテルには向かい合ってA館B館があり、A館が伝統的なスタイルのホテルでB館はおそらく新しく建てたホテル。
コロナ禍で観光客が少ないためか、B館しか空いていなくて、私たちはそこに泊まりました。A館は閉まっていましたが、休日に結婚式の写真を中庭で撮るらしく開けていたので、写真だけ撮らせていただきました。
7E83C0ED-18B4-485A-B189-8B426858E584

ホテルにチェックインし、しばらく休憩。
ちなみにサマルカンドはすでに旅行済みで、メインな観光地はほぼみてしまっているので、サマルカンドにおけるこちらの旅行記は、ガイドブックには載っていない場所ばかりのとてもマニアックなものになることを先にお伝えしておきます。

夕方、お腹が空いてきたので外出するも、悪い予感が的中し、大晦日でレストランがどこも開いていない。
やっと見つけたケバブサンド屋さん。
ジャンクで、しかもケチャップトマトソースが溢れるほどの食べにくいサンドイッチだけど、美味しかった、
そして、やはりレモンティーには、溶解度を超えた砂糖の量が。
E5028CCD-FA91-4BAF-8BF4-10FAAC6A2E4D
816D5000-2728-4B92-9979-1FA6B9FC6201

夜、カウントダウンあるかな?今年は無いよね、コロナだし。と思ったけど、とりあえずレギスタン広場へ。
やはりカウントダウンはなかったけど、ライトアップされた広場は綺麗でした。
 BF0C470A-B314-4312-8507-2CA52E9F4256D4B430F1-CE73-4383-B4D0-5825A4C2D453

が、結局夕飯もレストランは見つからず夕飯にありつくことは出来ませんでした。
ホテルにて辛ラーメンにて年越しです。
去年の北欧に続き、2年続けて年末年始に食料難民のまま年越しでした。
4CC5B9AB-0C93-4F23-9245-0ABEF83AD6FB

このページのトップヘ