ウズベキスタンへ飛んじゃった

2019年8月に旦那様の仕事の都合でウズベキスタンへお引越し。タシケント在住。英語もロシア語もウズベク語も喋れないけど、魅力いっぱいのこの国で毎日楽しく暮らしています。

カテゴリ:お買い物 > 洋服

ウズベキスタンで私服を買うのは、意外と難しい。
私は服にあまりお金かけたくない。高い服を買う時は、一目惚れした時のみ。
日本では専らプチプラコーデ。でも、ウズベキスタンにはGUもユニクロも無い。
もちろん安い服ならいくらでもあるけど、一見ちゃんとしてそうな店でも着こなしが難しすぎる意味不明な柄の服とか売ってるし↓こんなのとかwww
E3CEEB5B-EB07-4D5C-B00D-2A445F1DD408
1F0564C8-4B99-446C-92BF-3B8CC2FF2D07

そういった中から日本人のセンスに合った服を見つけるのは時間もかかるのです。
ウズベキスタンでシンプルかつ私の年代が着ていてもおかしくない服を買うなら、ZARA FASHION のショッピングモールにあるCORE がお勧め。ちなみにこのショッピングモールは、ブランドのZARAは無関係です(笑)
B1C49995-FD23-4712-B650-E723ED80C4BE
24612E81-AEF3-4C3D-8910-F443DCD3A3FF

COREは、韓国のブランドらしいんだけど、日本では見たことないような??あるかな?私ブランドに疎いから💦
でもここは、縫製もしっかりしているし、シンプルなんだけど柄やデザインに少し遊び心があるのです。襟に刺繍がしてあるセーターとか。ウズベキスタンっぽくないけど、価格はウズ価格なのがさらに良い!先日買ったニットのトップスとスカート。併せて176000スム(1936円)くらい。
サマルカンドダルバザにもお店があります。


2点でこの値段はお安い!
D41A91BE-7C10-4508-9B7F-9EE5A1EC609E
9BC8C9ED-4BBA-4366-B37A-649A53BD9E28
 

オイベックのTara Shevchenko 通りに出来た、大きなアウトレットの店。
あまり縁がない店だけど、何か面白いものがあるかもしれないので入ってみる。FENDIやPRADAやGUCCIなどなど、高級ブランドは一通り揃っている様子。
何気なく値札を見てみる。
16000000スムとか…
もう、ゼロ多すぎてわかんないよ🤣🤣
スムは、未だに混乱する。
普段ハイブランドの服なんて買わないから、相場がわからないけど。たぶん偽物ではないはずwww
 14D2AED1-CB49-4FC0-B877-49A45E00D8FE222CB64C-5ADE-4A0A-A11F-C0D1AD700A53

こちらでは常に旅の恥はかき捨ての精神で生きてる私。元々日本に居る時から知りたい事や言いたい事があったら我慢せずに尋ねたり言ったりする性格だったけど、ウズベキスタンではそれがさらにグレードアップ⤴️

先日、カフェでお茶してたら、前に座ってるお兄ちゃんが、アドラス柄のジーンズをはいてた!アドラス柄でジーンズ⁈なんかお洒落じゃん💕と思い、図々しくもそのお兄ちゃんに
「そのジーンズ、素敵!ウズベキスタンブランド??」と話しかけてみた😅私のロシア語が下手すぎて分からなかったのか、突然変なおばちゃんに話しかけられてびっくりしたのか、口を開けたままフリーズしてしまったお兄ちゃん😅でも私がもう一度ジーンズを指差して、「エタ、ウズベックブランド?」と聞いたら、理解してくれて、「ダー(Yes.)カニシカ。」と教えてくれた。さらに図々しく、カニシカの綴りをメモしてもらい、お礼を言ってお別れ。
日本の若者だったら、絶対にこんなおばちゃんは気持ち悪がって無視されそうだけど、ウズベキスタンは今まで一度も邪険にされたことなく、言葉がわからない私に一生懸命説明してくれる。有り難
そんなわけで私は
KANISЩКАというブランドを知ることが出来た。

家に帰り、早速店舗を調べてみたら、なんと!!我が家から徒歩3分くらい、いつも行くTOKYO CAFEの帰り道にあるではないか!!地下の店舗だから何かの会社かと思っていたし、気がつかなかった💦

ウズベキスタンの若者の間では有名なブランドなのかな?分からないけど、このブランドはいい!!お洒落!!以前紹介したビビ・ハヌムとはまた違うテイストだけど、これなら自国でも身につけたいと思う。
店内を見ると、服より革製品が主な感じ。触った感じも上質な皮だし、縫製もしっかりしてる。でも、値段は手頃で大きいサイズでも5000円以内。無地のものも多いけど、ウズベキスタンらしさを上手に活かしたデザインも沢山ありました。
ウズベキスタンには男性向けのお土産があまり無いなって思っていたけど、このブランドのものなら喜ばれそう!
※商品の写真はインスタより抜粋。店内の写真は店員さんの許可を得て撮影しました(^^)
059A8A8D-3B25-496A-B0A0-FB6EC8E2368B
18DC2812-C158-4F11-89A4-C78904A211F2
AB51C54B-7ABD-4067-ADFB-0EA779128401
546D0E94-564B-4917-AFE7-AE848CB77A30
7F4766FB-1EF7-4219-8254-CBD20038C113
 

タシケント、朝はついにマイナスになることも!!そんな中、ユニクロのヒートテックとか、中がモコモコしてるスパッツとか、もっと沢山持ってくれば良かったと後悔😢ついでに、タシエ用のスポブラ(ワイヤーつきのは断固として嫌がる)ももっと沢山持ってくればよかったと、これまた後悔。
でも、今日メイソウに行ったらそれらしきものが売ってたよ!ありがとうメイソウ!何時ぞやはユニクロのパクリなんて言ってごめん。
D4F737A6-3A6E-4446-BBAB-F4646E908C61


 
買い物帰りに、家の近くのおしゃれカフェへ。
若者達がオーダーしてた謎ドリンクwww
キャー❤️って写真撮ってたんだけど、、、。え?それインスタ映えする?www
裂きイカ乗ってるみたい。
1CE2334D-DE61-440D-9B06-5261D4AA418C
 

 ロシア語の勉強は全然しないくせに、ウズ研究には余念がない私。
日本のサイトにはあまりウズ情報はないから、ウズベク語やロシア語で検索かけたり。
あ、これも勉強じゃん??Google翻訳に頼りっぱなしだけど(笑)

そこで見つけたウズブランド。Bibi Hanum。アムールティムールが一番愛した妻の名前がついているブランド。ウズベキスタンを代表するデザイナーのお店らしい。
そんな店だから、新市街にドーンと店舗があるのかと思いきや、地図で検索したら旧市街の細道を入った場所。え?こんなとこ?半信半疑でとりあえず行ってみる。
近くでタクシーを降りて、Googleマップのナビを見ながら探すも、それらしきお店は見当たらず。
そしたら、ありました!なんか、電気屋の横に二階へ登る古びた階段が。そしてそこに Bibi Hanum というブランド名が!!
階段を登ってみると、またもや「え?ここ?」というような薄暗さ。なんか粗大ゴミみたいなのも置いてるし💦店内の扉を開けると、ほかに客は誰もいなくて、奥にアトリエらしきものがあり、縫い子さんたちが服を作ってる。もしかしてここは店舗じゃなくてアトリエ⁈と思ったけど、間違えてたらべつに「間違えました」と謝ればいいから中へ。
bibi1
bibi2
bibi3
bibi8
bibi5



場所はここ↓
bibi4

中へ入ってすぐ目に飛び込んだ可愛い服たち! 夢中で見てたら、やっと店員さん?らしきおじさんが来たから、やっぱりここは店舗で間違いないらしい。
bibi6
bibi14
bibi15
bibi16



正直、サマルカンドやブハラには可愛いものがたくさんあるけど、タシケントは都会だし、ウズらしい可愛いものは無いと思っていたけど、あったよ!可愛いよ!
アドラスを使った服は、やはり民族衣装っぽいものが多いけど、この店のは違う。お洒落!!

甥っ子姪っ子が生まれてから、いつも真っ先に子供服に目がいくんだけど、アドラスを使った子供のワンピースも可愛い💕💕
bibi7

裏地の青いザクロが可愛い!
bibi9

このスカートも欲しかった💦
bibi10


店内の装飾も素敵。こんなふうに気に入ったアドラスをキャンパスに貼りつけて部屋のインテリアにするのもいいね!
bibi17
bibi12

身内へのお土産はここで買おう。友達とかへのお土産ならアドラスのシュシュやポーチも素敵。

ただ、値段はウズ価格ではないです💦ただ、ハイブランドの服でしかもウズにしか無いデザインなら、この値段も納得。縫い子さんが一個一個作る、全て一点ものなんだそうです。 私は悩みに悩み、スカートを購入。1260000スム。15000円くらい。
bibi13
bibi11

そして帰ってからも、今見たBibi Hanumが素敵すぎて、色々と調べていたら、NHKワールドプレミアムで、取り上げられていました。9割の人がムスリルのウズベキスタン。まだまだ女性が外で働くことが難しいのだそうです。伝統を受け継ぐ才能ある女性を、Bibi Hanumは積極的に採用し、彼女たちが働く場所を作っているのだとか。あそこの服が素敵なのは、働くことが難しいウズベキスタン女性の夢と希望が詰まっていたからなんだな…。まだまだ知らないウズベキスタンの世界。 楽しいことや素敵なことばかりではなく、多くの社会問題も抱えていることを、知らなければならないな、と思いました。


このページのトップヘ