ウズベキスタンへ飛んじゃった

2019年8月に旦那様の仕事の都合でウズベキスタンへお引越し。タシケント在住。英語もロシア語もウズベク語も喋れないけど、魅力いっぱいのこの国で毎日楽しく暮らしています。

カテゴリ: お役立ち情報

先日はウズベキスタンの茶道の話をしました。
今日はもう一つお茶に関係する小ネタを。
日本は、茶柱が立つと縁起が良いといいますが、ウズベキスタンは?
ウズベキスタンにもあるのです。

茶柱が立つと、来客があると言われています。
乙嫁語りの漫画とか読んでいると、客人をおもてなしするのは楽しいことや喜ぶべきことと思いがち。
実際、ウズベク人たちは「おいで、おいで」とお茶を入れてもてなしてくれます。
が、もてなす側の女性からしてみると、やはり来客があると大変なのです。
「なので女たちは、茶柱が立つとヒョイとつまんでポイと捨てちゃうの」と、スザニの先生に教えてもらいました🤣男性は?どうなのかしら?
逆に縁起が良いとされるのは、お茶にぷくぷくと小さな泡が立った時。お金が舞い込む合図なんだとか。だから泡が消えないうちにその泡をパッとつまんで額や服につけるのだとか。

以上。

コロナ自粛期間中に調べたウズベキスタンの小ネタが溜まっています。
ネタがなくなったらブログにアップしようと思っているのですが、毎日ネタに尽きないwww
少しずつ機会みながらアップします。

ウズベキスタンの茶道について。

タシケントには残念ながらあまり見かけないけど、ヒバやブハラの方に行くと、チャイハナといういわゆる茶屋を多く見かけます。おじさんたちがタプチャンといわれるベッドみたいな縁台に座って何をするでもなくお茶を飲んでる。ウズベキスタンはお茶が好きだし、暑い夏でも温かいお茶を勧められます。
お客様が来ると、家のオーナーがお茶をたて、若い人から注いでくれます。
面白いのが、ウズベキスタンではお客様への敬意が高ければ高いほど、少ししかお茶を入れません。器の3分の一くらい💦物凄く偉い人にならもっと少なく。
理由を聞いたら、「いくらでもお茶を催促してください。私たちは喜んでお茶を注ぎます。」という気持ちを示しているのだそう。逆に知らない人や初めて会う人には茶碗いっぱいのお茶でもてなすらしい。
でもロシア系だと普通にお茶を注ぐらしいから、ウズベク形式かロシア形式のどちらでもてなすか迷うところ💦
ウズベキスタンの文化は知らない事も多く楽しい✨

コロナ中、色々と調べたので、ブログでも今度紹介したいと思います。

英語の授業が再開した。オンラインにて。
私は中級クラスだけど、以前の同じクラスのメンバーは何故かzoomに来なくて、しかもオンライン授業は上級者クラスと一緒の授業で、なんか変な汗かいた💦

今回は、自分たちの国の、Traditional nameや、usually nameについての雑談だったんだけど、日本ってあまりないよね?苗字に田中さんや小林さんが多いということくらいしか話せなかった💦

名前といえば、ウズベキスタンでは双子の名前は生まれる前から決まっています。
男の子ならハサンとフサン。
女の子ならファティマとズフラー
男女の双子ならハサンとズフラーか、ファティマとフサン。
だから自己紹介で「僕の名前はハサンです」と言ったら「僕は双子です」と言っているのと一緒。
名前の由来はイスラムのムハンマドの娘や孫からとった名前らしい。
面白いでしょ✨
引きこもり中は、こういうウズベキスタンのちょっとした小話をブログで紹介したり調べたりして過ごそうと思います。

私には需要ないけど、いつか誰かの役に立つかもしれないので。
ウズベキスタンで熱帯魚をを飼育したいときの参考になれば。
ウズベキスタンで熱帯魚や水槽などを買えるお店を紹介します。

 55AB9223-FDA9-484B-9DC0-7B7E4CBEE3D7E54D8585-82BC-45DD-8508-639648FF9C3C

本日は、犠牲祭(イード•アル)です。
イスラム教で定めた宗教的なお祭りで、元々はイブラヒム(「啓典の民」の始祖)が進んで自分の息子をアッラーへの犠牲として捧げようとしたことを世界的に記念する日なんだとか。
本来ならばこの日は正装してモスクに集まり祈りを捧げ、羊やヤギや牛を生贄として捧げて、それを富める者は貧しい人に分け与えたり、親族や友人とたべたりする。
市場は、賑わい活気に満ちていりはずです。
従来ならば、、、。
でも、今年はコロナのため、犠牲祭である今日も外出禁止。
人々が大勢で集まることもモスクの集会も禁止され、各自家で静かに犠牲祭を祝うことが求められています。

私は今日、ウズベキスタンに居る友人やスザニの先生に、グリーティングメッセージをテレグラムにて送りました。
APP storeなどで Eid al と検索すると、犠牲祭用の無料のカードや動画アプリが出てくるので、イスラム圏に友人がいらっしゃる方はお祝いのメッセージを送ってみるのも良いかも知れません。
12F9C295-8C3A-40A6-9473-1DEE3E7C7B52

このページのトップヘ